発音のコツ

英会話においてアクセントはどれくらい大切?

【Q】アクセントは重要ですか?

 

発音を教えるときに、私が一番気持ちを入れて強調することは、アクセントの位置です。

これがキチンとつかめないと、あなたが英語をしゃべるさいあなたの印象が、、聞き手にとって「なまってるな〜、この人」「かっこ悪いな〜」というイメージになっていたら、残念です。

少し大げさかもしれませんが、以下の動画を見れば、なぜアクセントが重要なのかわかると思います。

 

 

アクセントとは、英語で書くとaccentですが、この単語を読むときに、一番大きく力を入れなければいけないポイントはaになります。

よって「aがアクセントです。」と私も力を込めて強調します。発音は、appleといっしょで” ae “になります。

 

英語のアクセントは発音の肝となる”呼吸”との関係

 

日本語は呼吸が弱くても問題なく発音できるので、大多数の日本人が英語を発音すると、ふぬけた音に聞こえてしまういます。要するに、非常に格好悪く聞こえてしまうのです。

それに聞き手が文脈から、あなたの発音する単語をどの音かによって判断しなければいけなくなります。

もしあなたが発音に問題がある場合、あなたは一緒にいると”疲れる”人と思われているかもしれません。以下の写真を見るとイラッとしませんか?それと同じです。

 

 

 

 

 

相手とのよりよいコミュニケーションをとるためには、あなたが発音の練習を頑張る必要があります。まず一番大切なのは音ではなくてアクセントなのです。

アクセントは日本人が苦手とする呼吸の弱さだけでなく、日本語と英語の発想の違いにも密接に関わってくるからです。

このサイトの下に、発音の項目があるので、是非動画で練習してみてくださいね。または、お問い合わせ頂ければ、RとLやs, th, shといった日本人の苦手を即直します。

 

関連記事

>>あなたの英語にリズムはありますか?

>>英会話独学の勉強法比較

 

hulu