英語学習+音楽

Jada Facer has it all

What you see is what you get

  • みたまんまです。
  • ごまかしはありません。

What you eat is what you are

あなたが食べるものがあなたを作る

What you read is what you are

何を読むかであなたがつくられる

そして

You are what you listen to

あなたがどういう人かは聞いているもの物語っています。

Whatの使えない人は英会話がぎこちないのではないでしょうか?

(私はぎこちなかったです。)

オリジナルの名曲を溶かしてしまうほどの才能を感じさせる

Jada Facer(ジェイダ・フェイサー?)

新旧の名曲をカバーしたり、自分でもデビューしているようです。

英語の音ってやっぱり美しいと思わせてくれる歌声です。

Fix you by Coldplay

コールドプレイはメロディーがわかりやすいので

日本にもファンの多いバンドです。

歌詞を理解してから聞くと全然違います。

洋楽は全部ですが。

音楽にもけっこう言葉は要ると思っています。

Creep by Radiohead

外国では知らない人はいない名曲。

ボサノバ調に聞こえなくもありませんが、これも素晴らしい。

One more light by Linkin Park

今はなきチェスター・コニントン?

率いるバンドリンキン・パークの名曲。

リンキン・パークは激しい曲が多いですが、

彼女が歌うとさらに意外な曲に変化します。

Bad liar by Imagine Dragons

Iris by Goo Goo Dolls

オリジナルより美しい。

Mr. Brightside by The Killers

こんな曲も、こんな感じになってしまうのか。。

Landslide by Mac

Bright by Echosmith

That’s the way should beの意味は?

関連記事

いろんなWayの使い方 Wayを使った英会話表現 わたしたち日本人がが日常よく使う会話表現を wayを含んだ英会話フレーズでさまざまに言い表すこと...

死ぬ間際に聞きたい曲は?

人生一切皆苦だと歌っています。

苦しくなければ、

死んでいるということです。

callは、使命という意味がります。

魅力という意味もあります。

  • call
  • pull
  • appeal
  • attractiveness

すべて魅力という意味があるので覚えましょう。

the call of nature

排尿、排便

used euphemistically to refer to a need to urinate or defecate.

排尿排便の必要性を婉曲的に言及して使われる。

ODE

お手洗いに行く

answer a/the cal of nature

obey a/the call of nature

hulu
こんな記事もおすすめ