日本の英語教育

英語や英会話に関して学校に過剰な期待をするのは無理です。

人材や資金が足りないからです。

しかし、

全部が悪いわけではないので、必要な部分は、自分で独学していけばいいだけです。

教育実習で驚いた中学の英語の授業

教わる立場と教える立場、見る角度が変わるといろんなことが見えてきます。

しかし、私が実際中学校で授業をしてみると、

自分が中学校で受けた授業と何も変わっていないということでした。

それがいい悪いは置いておいて、

公立の中学校の集団授業でできる精一杯なんだなと思いました。

ノートに英単語をいくつ書いたかを評価する意味のない作業をすすめる英語教師もいて、「中学校で英検准2級を持っていても、5をくれながった。」と生徒さんに言われたこともあり、明らかに評価基準が疑問の教師も一定数いることは間違えありません。

私は、英語に関しては英検などの外部の試験で全て評価したほうがフェアになると思います。

大学受験もセンター試験がなくなり、その方向にいくとされていますが、なんらかの揺り戻しがある気がします。

現に東京大学の偉い教授とされる人たちが反対していますし、上智大学は、独自に英語スキルを測るテストを作っています。

英語や英会話は短期間で

日本の学校では、あまりみんな差がつかないように、一歩一歩英語の授業も進んでいきます。

でも本当にそんなゆっくり一歩ずつしか上達できないのか?

といえばそんなことはありません。

お金持ちのお子さんなどは、夏休み等に短期留学しています。

しかし、ここで留学は必要かと言ったら、必要ではありませんし、

早期英語教育も必要ありません。

必要なのは早期ではなくて短期集中型の英語教育です。

多くの人が長いスパンで英語教育を考えていますが、

本当に英語に自信のある人は子供に早期英語教育を課さない人が多かったりします。

それは英語なんてコツがわかれば簡単だと思っているからではないでしょうか。

実際簡単です。

しかし、条件があって一気に全てを捨てて英語最優先で短期間過ごすことです。

わかりやすくするために少し大げさにいいましたが、夏休み等は絶好の時間だと思います。

もう一つは英検やTOEICが迫ってくる状況です。

海外ドラマや小説にハマるのも英会話上級者にはおすすめです。

hulu