お金の教室

経済教室

日銀当座預金と政府小切手とは?

この2つを理解しないと経済は何も見えてきません。

多くの日本人は、何かを説明するのが苦手です。

なぜなら

  • 感じる
  • 思える
  • 主観的:当たり前でしょ(自分の中だけなのに)
  • 数字やデータを挙げないし、扱えない。

これは英検、TOEFL後、英語力を同意かすかにも関係してきます。

MMT(現代貨幣理論)とは簡単に言えば、

日本政府にケチってないで国民にお金を配れ!

ということです。

一番熱いくて面白い

賛成派である三橋さんの意見を軸において

反対派の反論も考察しながら

勉強していこうと思います。

結果的に反対派になるかもしれませんが、それもありです。

変に意固地になるのはよくないからです。

デフレ脱却の必要性?

なぜ?

物が安く変えるようになるが、給料も同時に下がるのはいい?

家計と国家財政は別物

この2つの借金を一緒くたにして考えるととんでもないことになる?

緊縮財政の害悪

財政破綻などしない?

プライマリーバランスの黒字化は不要?

金利上昇は悪?

国債発行が増えれば金利が上がる?

上がっているデータは?

量的緩和の限界

デフレは量的緩和で克服できていない。

実体経済において需要がないから。

需要がなければ、国全体の供給能力も下がる。

供給能力が下がると?

インフレ率

財政赤字の制約はインフレ率?金利上昇?

関連記事

「的外れ」は英語で?

hulu