スペイン語初心者の勉強法

スペイン語の全貌がつかめた!

スペイン語の勉強を初めて気づけば半月くらいが経ちました。

簡単だと思ったり、難しいと思ったり、

短期間の間に波がありました。

しかし、

やっと全体像がつかめた感じです。

一段落というか、一安心です。

「はじめ良ければ全て良し。」

というのはこのことです。

テキスト選びが2冊めで大成功したのが全てだと思います。

何から学ぶのか?

それが一番始めにいちばん大切な事ですね。

次は誰から学ぶのか?

を視野に入れていきたいと思っています。

スペイン語初心者のつまづきポイント

間接目的語と直接目的語の見分け方と使い方がわからない!

Si te gusta, te lo doy.

「もしあなた気に入ったのなら、あなたそれあげる。」

をまずは丸暗記すると見えてきます。

  1. tuの代わりにteを主語にできるということですが、
    なぜそうするのかはなぞのまま。
    そういうもんだと割り切ることは、
    語学を早く習得するコツでもある。
  2. 間接目的語とは、「〜に」
  3. 直接目的語とは、「〜を」

接続法とは単に仮定法のこと?

名前からしていかついと思いきや、仮定法のことだと書いてありました。。。

コケオドシですね。

動詞の活用の法則が見えてこない!

自分で、パターンを見つけ出した瞬間、全てが楽に思えます。

あとは例外探しです。

例外をレアアイテムだと思って下さい。

すると大切に思うからか、頭に入ってきます。

英語で言うとこれ!という視点が結局大切!

接続法もそうですが、結局は英語でいうとこれ!というだけの場合がほとんどです。

英語との比較によって、スペイン語の本質を丸裸にすることができます。

「もったいぶってんじゃね〜!」という感じです。

結局たいしたことないじゃん!

という心構えも自信を持つために、必要だと思います。

hulu
こんな記事もおすすめ