Makeの用法

Makeを使った英会話表現は難しい?

Makeの使い方

Makeを使った英会話表現が苦手な人が多いので、

今回はmakeにスポットを当ててみました。

Makeは、何かを変化させる時に使えるとても便利な言葉です。

make=つくる、という思考回路を変えると

言いたいことがポンポン言えるようになります。

Q. 以下の3問の意味は何でしょうか?

  1. She makes me irritated.
  2. She’s got what it takes.
  3. Make it two, please.

Answer

  1. 彼女は私をいらだたせる。
  2. 彼女は素質がある。
  3. 同じのお願いします。

どうでしたか?

もし楽勝だったらあなたの英会話力は中上級者と言っていいと思います。

次は上級者レベルの応用バージョンで力試しです。

実際の英会話でのMakeの使い方

実際の英会話ではどのように上記の英会話表現が使われているかチェックしてみましょう。

ゲーム・オブ・スローンズの4章6話より参照

【ボキャブラリー】

try A’s luck = Aの運を試す

seem 〜 = 〜に思われる

10 silver stags = 10✕silver stags(=コインの種類)

Tywin:

What would it take

to make the common soldier stupid enough

to try his luck with the Hound?(デカくて強い男)

「何が必要だ、どこにでもいる兵士をおろかにも、運に任せて、ハウンドに挑ませるには?」

Varys:

10 silver stags seems a generous bounty.

「10個のシルバーコインで、彼らは十分ハウンドに戦いを挑むと思われます。」

Tywin:

Make it 100.

「100のコインにしろ。」

まとめ

Make A Bは = AをBに変える

変える=changeという日本語の発想を修正しましょう。

関連記事↓↓

>>Makeの名詞化の難しさ

>>あなたの英会話はMakeで変わる?

>>英会話でMake it toを使いこなそう!

hulu
こんな記事もおすすめ