発音のコツ

あなたの英語にリズムはありますか?

Getを使うと英語にリズムがでます ♪

「ゲットする」という感じじゃなくて

ゲッツ♫です。

あなたの英語にリズムが出てきます。

するとあなたの気分も良くなります ♪

Getは英語の神様と言っていいほど英会話で頻繁に使われますよね。

GotとGodって語呂もそっくりと思いませんか?

英会話のできる人はGetをポンポン使いこなします。

残念ながら学校も塾も英会話学校も、万遍なく英語を教えようとするので、日本人にとって何が大切なのかまったく分からず、ひたすら遠回りをさせられます。

その結果、本当に英語を使いこなせるのは記憶力のいいマジメなエリートだけ。

まずGetをマスターして下さい。

とりあえずGetを使いこなすとカッコいいはず ♪

今回はGetの響きがやけによかったので、

ゲーム・オブ・スローンズ4章5話から

Getを使ったシンプルでリズミカルな

英語らしい会話を見てみましょう ♬

☆要注意ポイント

They’ve got = They have got = They have

Closer we can get = If we can get closer

sniff A = Aの匂いをかぐ、嗅ぎつける

rest = 休憩

【Mallador Locke】 (ボルトン家の手下)

They’ve got some hounds chained up inside.

Closer we can get without the dogs sniffing us,

the better.

ロック「やつらは中に猟犬を鎖でつないでるぜ。

犬に匂いをかがれずにできるだけ近づければ、よりいいんだが。」

【 Grenn 】

New moon tonight.

グレン「今日は新月だぞ。(明るくて敵に見つかりやすい)」

【 Jon Snow 】 

Get some rest.

ジョン・スノウ「少し休むぞ。」

まとめ

  1. have = have got = ‘ve got = got
  2. have = got
  3. have to = got to
  4. have よりgotを意図的に使ったほうが、英会話力がアップ ♪
  5. You’ll get it eventually.「いつかわかります。」「いつか身につきます。」

【関連記事】

>>アクセントをないがしろにしてませんか?

>>英会話独学の勉強法比較

hulu