Bringの用法

英会話でのbringとtakeの真の使い分け方

Takeとbringをきっちり区別する

☆ takeとbringは話者と聞き手の位置関係がポイント。

takeで「持っていく」場合

話者も聞き手も焦点になっている場所にいない場合に使います。

bringで「持っていく」場合

bringは、話者か聞き手が焦点の場所にいる場合に使います。

「そちらへ持っていきます。」という場合は

▲ I’ll take it to you.

よりも

◎ I’ll bring it to you.

のほうが相手を尊重している感じがするので頻繁に使われます。

実際の英会話でチェックしてみましょう。

(ゲーム・オブ・スローンズ4章5話より参照)

サーセイが「娘ミセラへの誕生日プレゼントに船を持って行ってくれない?」

とオベリンに頼みます。

オベリンが聞き手で、オベリンの国はドーン

(ミセラが人質として暮らしている国であもある)。

つまり、

オベリンのいる国に持っていってくれないか?というニュアンスです。

この時点では、オベリンはドーンを離れてキングスランディングにいるので、

「take her a gift または、take a gift to herでもOKなのに、なぜ?」

とちょっと戸惑いますが、ドーンはオベリンが普段いる場所、

またはしばらくしたら帰る場所であるため、bring her a giftが使われています。

後で運ばせるとオベリンも言っています。

a giftとはなんと「大きな船」。

サーセイの娘ミセラへの愛が大きければ大きいほど胸が痛むシーンです。

サーセイtoオベリン

Everywhere in the world,

they hurt little girls.

Would you bring her a gift for me ?

I wasn’t there for her name day.

I don’t know when I’ll see her again.

ゲーム・オブ・スローンズ

「世界のいたるところで、人々(=they)は小さな少女を傷つけるものよ。

娘に私の代わりにプレゼントを持っていってくださらない?

彼女の誕生日にドーンにいれなかったから。

いつ彼女に会えるかわからないしね。」

エンドフォーカス/End focus

最後にa giftがくるか、herがくるかはend focusと呼ばれで、

最後に来る語がより強調される。

theyは「(嫌な)人々」

Giftではなくitが使われる場合の語順は

○I’ll bring it to you.

☓I’ll bring you it.

Comeとgoの関係は、bringとtakeの関係

comeは話者、または相手のいるところへ向かう時に使います。

bringと一緒で、聞いている相手に重き(リスペクト)を置くニュアンスです。

「そちらへ伺います。」や「そっちへ向かってます。」

という場合にI’m coming.と言いますよね。

goはそれ以外のところへ向かう時に使います。

まとめ

bringもcomeも聞き手側を立てる英会話表現です。

エンドフォーカスの関連記事↓↓

hulu