Bringの用法

英会話におけるbringの重要性に気づくと?

bringは明るい(= bright)な響き

 

今回は、Brで始まる英単語の根っこのイメージをgetして

暗記を楽にしましていこうと思います。

 

  1. bring=もってくる
  2. breed=産む
  3. breeder=動物を育てる人、畜産家
  4. brood=ひな鳥達、ひと腹の子(動物の)、卵を抱く
  5. brother=兄弟
  6. bridge=橋
  7. broad=広い
  8. brain=脳(何かをbringするために必要なもの)
  9. brainchild=頭脳の産物、独自の発想
  10. bright=明るい、頭脳明晰な
  11. brave=勇敢な(獲物をbringするために必要なもの)
  12. bread=パン、食物、糧、生計
  13. breadwinner=一家の稼ぎ手(多くのものをbringする存在)

 

ちなみに

bring about A/bring A aboutは 「Aを引き起こす」

つまり、何かを生みだす。

 

 

 

 

ゲーム・オブ・スローンズでは、サーセイが父のタイウィン・ラニスターに対して怒りをぶつけています。

タイウィンはかつて、娘であるサーセイを政略の道具として、ロバート・バラシオンに嫁がた。今回はタイレル家のSer. Lorasに嫁がせようとしている。

 

Season3のEpisode5参照

Cersei 

I am Queen Regent, not some broodmare.(=牝馬)

「私は女摂政よ、子供を生むための牝馬とは違う。」

 

最後は少しネガティブな言い回しですね。

さすがサーセイ・ラニスターです。

 

関連記事

>>英会話でのbringとtakeの真の使い分け方

>>英会話でWhat brings you here?と言われたら?

 

hulu