英文法(Grammar)

becomeの使い方、間違ってませんか?

あなたのBecomeの使い方大丈夫?

 

become + 形容詞の場合

 

英会話ではbecome+形容詞の場合、

getやgo, grow, turn など

が代わりに使われる事が多いですよね。

でも、

永続的な状態を表す場合は、口語でもbecomeが使われます。

このような場合はget は使えません。

 

☓ Napoleon got famous.

○ Napoleon became famous.

 

歴史を語るさいは、名が残っている人が多いので要注意です。

もちろん一時的に有名になったというニュアンスを伝えたい時は

He got famous at that time.は○です。

 

色の変化を語りたい場合はturnかgo

 

☓ Her face became red.

○ Her face turned red.

 

 

 

 

 

 

では実際の英会話では「〜の状態になる」と言いたい場合に、

どのような単語が使われているかチェックしてみましょう。

ゲーム・オブ・スローンズ4章5話より

珍しい組み合わせ(オベリン・マルテルとサーセイ・ラニスター)の会話です。

 

Obelyn Martel to Cersei

I named her after my sister Elia.(オベリンの殺された姉)

But I can’t say it without turning sad.

And after I turn sad, I grow angry.

「俺の姉にちなんでエリアって名付けたんだ。

だが、その名を呼ぶと悲しくなる。

悲しくなった後は、怒りがこみ上げてくるんだ。」

go と growは音も語呂が似てます。

 

ちなみに前回もやりましたが

become to doという英語の使い方はありません。

もし、あなたが ” become to do ” 使っているとしたら

日本語の発想のまま英語を話しているので

  • learn to do
  • come to do
  • get to do

の3つを使えるようになる必要があります。

 

日本人に生まれてきたら、英語ってホント難しいのが実感できる回になったと思います。。

完璧主義を目指さず、まず原則を大切にするのが英会話上達のコツです。

永続的な状態の場合のみbecomeを使うのがポイントです。

その他はget, go, grow, turnなど

日本人が苦手としている単語を使っていくべきという内容でした。

 

まとめ

 

  1. 永続的な状態を表現する時はbecome + 形容詞 !
  2. なる=becomeという考え方を改めると英会話が上達する!
  3. become to doという英語は存在しない!
  4. 色の変化にはturnかgoを使う!

 

関連記事>>英会話で「〜するようになる」は英語でどう表現できる?

関連記事>>Turnの使い方であなたの英会話を変えよう

 

hulu
こんな記事もおすすめ