Cワードの習得

ChanceとChaosの共通点

Chance(50/50の機会)とChaos(混沌)

 

久しぶりにビッグバン★セオリーを見ました。

シーズン5のエピソード18散髪とシェルドン崩壊の法則です。

今日知り合った人とビッグバン★セオリーの話題になったのがきっかけです。

お互いシェルドン・クーパーが一番好きという話になって

シェルドントークで盛り上がりました。

なかなかシェルドンが好きな人は日本人にはいないので、とても楽しかった。

元から少し壊れているようなシェルドンが、崩壊してしまう回がS5E18なのです。

シェルドンがquirky(風変わり)なだけでなく、英語もキレッキレで鳥肌が立ちます。教養がないと理解できません。でもやっぱりボンゴの歌が死ぬほど笑えます。

Chaos(混沌)が嫌いなシェルドンがChaosを受け入れてOrder(秩序)を捨て去る唯一の回です。

ゲーム・オブ・スローンズのLord BaelishのChaos is a ladderが頭に浮かびました。

シェルドンが全くキャラの違うリトルフィンガー(Lord Baelish)と同じようにChaos(混沌)を受け入れているのが笑えます。

>>chaosに対する発想の違い

 

シェルドンがペニーとレナードに対して

I should embrace the chaos.

All bets are off.

The world is my oyster.

「混沌を受け入れよう。」

「どうなるかわからなくなった。」

 

All bets are off.

 

このフレーズは全ての賭けの確率(bet)はやり直しという意味から

「ゼロベースで考えよう」というニュアンスになります。

 

The world is your oyster.

 

「世の中は自分の意のままだ。」は

シェイクスピア作品からきているイディオムです。

詳しくは以下参照

You are in a position to take the opportunities that life has to offer.

from Shakespeare’s Merry Wives of Windsorから

Oxford Dictionary of English より

 

 

 

 

 

 

 

 

hulu
こんな記事もおすすめ