ビッグバン・セオリー

ChanceとChaosの共通点

Chance(50/50の機会)とChaos(混沌)

久しぶりにビッグバン★セオリーを見ました。

シーズン5のエピソード18散髪とシェルドン崩壊の法則です。

今日知り合った人とビッグバン★セオリーの話題になったのがきっかけです。

お互いシェルドン・クーパーが一番好きという話になって

シェルドントークで盛り上がりました。

なかなかシェルドンが好きな人は日本人にはいないので、とても楽しかった。

元から少し壊れているようなシェルドンが、崩壊してしまう回がS5E18なのです。

シェルドンがquirky(風変わり)なだけでなく、英語もキレッキレで鳥肌が立ちます。教養がないと理解できません。でもやっぱりボンゴの歌が死ぬほど笑えます。

Chaos(混沌)が嫌いなシェルドンがChaosを受け入れてOrder(秩序)を捨て去る唯一の回です。

ゲーム・オブ・スローンズのLord BaelishのChaos is a ladderが頭に浮かびました。

シェルドンが全くキャラの違うリトルフィンガー(Lord Baelish)と同じようにChaos(混沌)を受け入れているのが笑えます。

シェルドンがペニーとレナードに対して

I should embrace the chaos.

「混沌を受け入れよう。」

All bets are off.

「振り出しからやり直しだ。」

The world is my oyster.

世界は僕の思いのままだ。

ビッグバン・セオリー5-18

All bets are off.

このフレーズは全ての賭けの確率(bet)はやり直しという意味から

「ゼロベースで考えよう」というニュアンスになります。

The world is your oyster.

「世の中は自分の意のままだ。」は

シェイクスピア作品からきているイディオムです。

詳しくは以下参照

You are in a position to take the opportunities that life has to offer.

from Shakespeare’s Merry Wives of Windsorから

Oxford Dictionary of English

関連記事

Chaos is a ladderの意味は?

Go upとGo underの意味は?

hulu
こんな記事もおすすめ