Cワードの習得

英会話でchoiceとchoose-chose-chosenが混乱?

Choiceとchoose-chose-chosenの整理整頓

 

英会話や英語をマスターする上で、一つの重要となる鍵が、今回ピックアップするChoiceです。

日本人は「Choiceする」と名詞のchoiceを誤用しているので、英会話では注意が必要です。choose-chose-chosenが正しい「選ぶ」の使い方です。もちろんpickを使ってもOKです。

 

英会話におけるchoiceとchooseの使い分け

 

Choiceはあくまで名詞です。chooseの過去形は、短くなってchoseというのもトリッキーですね。

 

Cersei to Petyr Baelish

Ser Loras was promised to me.

Instead he chose the company of boys.

「ロラスは私と婚約してた。そのかわりに、彼が選んだのは少年たち。」

 

Petyr Baelish to Cersei

One’s choice of companion is a curious thing.

「人の選択とは、興味深いものです。」

 

ロードベイリッシュは意味深な笑み。これはサーセイの選んだジェイミーのことを言っているのか、それとも最近ハイスパロウを仲間に取り込もうとしていることか、はたまた、人体実験もいとわない学者Qyburnのことか?彼らを全部含めてのロード・ベイリッシュ(リトルフィンガー)の発言なのか?

サーセイの顔が冷たく凍る、そしていつものようにサーセイは反撃に出ます。

 

Cersei to Petyr Baelish

Most curious.

Lysa Arryn, for instance.

Thoroughly repellant woman.(=repulsive)

Forgive me. I know you’re still in mourning.(morningと同音)

「ほとんどの人間の選択が興味深いわね。ライサ・アリンもその一例だわ。まったくギョッとさせられる女。許してね。あなたが、まだ彼女の喪に服してるのを知ってるわ。」

repulsiveとrepellantは、意味が同じで、不快なとか、生理的に受けつけない等強烈な言葉です。

関連記事>>repulsiveとrevoltingとresilientの共通イメージは?

mourningとmorningは、同音ですが、前者が喪に服すで、後者が朝です。原義を調べるとあまり関係ないようですが、「どちらも本調子じゃない」とイメージすると覚えやすいのでおすすめです。

 

関連記事

>>Pull stringsとピーター・ベイリッシュ

>>Choiceを使って「しょうがない」を英語で言うには?

>>英会話でのChop,Choppy,Chopperの使い方

 

 

 

 

 

 

hulu
こんな記事もおすすめ