Cワードの習得

英会話でのChop/Choppy/Chopperの使い方

Chopとチャプチャプ

Chopは、「たたき切る」という意味でよく使います。

最近は、ラムチョップやポークチョップという、

羊や豚を叩き切った肉をスーパなどでもよく見かけます。

しかし、英会話では、「たたき切る」だけの意味にとどまらず、

多くの英会話表現にChopが登場します。

残念なことに、Chopを使った英語のフレーズ面白くて、

便利なフレーズが多い割に、

日本人が苦手な英語表現が多いので今回ピックアップします。

Chop/チョップ

(Go, go), chop, chop!

「テキパキやれ」

「チャッチャッとやろうか」

という英会話フレーズで、

よく海外ドラマや映画で聞く英語表現です。

Go great guns

go great gunsにも、

「さっさとやってのける」「快進撃する」「大成功する」「流行る」などの意味があります。

BBCの進行役のアンカーパーソンが、使っていたのが印象に残っています。世間体や体裁第一のNHKのニュースキャスター(和製英語)からは出てこないフレーズだと思います。

Chopによく似たChap/チャップには、

「ヤツ」「野郎」といった

fellowのような感じで、主に英国で使われます。

Choppy/チョッピー

「波立つ」という意味の形容詞です。

または「変調の多い」

例えば、

スマートフォンの音声が不安定な時に使います。

「ムラのある」例えば、字が汚ない場合に使います。

すごく便利な表現ですよね。

Chubby/チャビー

「やや太った、太っちょの」という意味ですが、

お腹の脂肪が波立つように揺れるのを想像して下さい。

Chopper/チョッパー

Helicopterと同じでヘリコプターと同じ意味で使われます。

草や、水面を波だてる乗り物と考えると覚えやすいです。

Chopの英会話での使われ方

財務大臣?Master of Coinとして、

自由都市ブラーヴォスにMace Tyrell(メイス・タイレル)は、派遣される。

出迎えたのは、アイアンバンクの銀行員のTycho(タイチョ)という人物だった。

Tycho

Lord Tyrell.

On behalf of the Iron Bank,

may I be the first to welcome you to the Free City of Braavos.

I hope your journey was trouble-free.

ゲーム・オブ・スローンズの5章9話参照

「タイレル様、アイアンバンクを代表して、あなたを最初にこの自由都市ブラーヴォスにお迎えさせて頂きます。あなたの船旅が何事もなっかたなら幸いです。」

Mace Tyrell

A bit of chop the last few days.

Nothing too awful.

Good to see the old chap still guarding the harbor.

「ちょっとさざ波が最後の何日かはあったが、全然ひどくない。

あの湾を守ってるあの古いヤツ(でかい像)を拝めてよかったしな。」

さざ波のchopに、

ヤツという意味のchap/チャップ(chopとにているが違うので要注意)を

Tychoという銀行マンに使って話しかける少し太った(=chubby)な

Mace Tyrellという掛け合わせが、とても興味深いです。

関連記事↓↓

英会話でchoiceとchoose-chose-chosenが混乱?

 

 

 

hulu
こんな記事もおすすめ