Cワードの習得

Chestの意味いくついえますか?

Chestといえば、胸部?

 

正解です。

ですが、もう少し深く考えるといろんな単語が一気に頭に入ってきます。

胸部と言えば、心臓を始めアバラであるribsに囲まれた箱のようなモノ、

だから、chestには箱という意味で考えると、他の単語も一気に覚えることができます。

 

casket/キャスケット, coffin/コフィン : 小箱

case/ケイス = 入れ物

cage/ケイジ = 鳥かご、オリ(caseと一文字違い)

chestnut/チェスナット = 栗(トゲトゲの入れ物にはいったナッツ)

category/キャテゴーり = 種類、分類(箱に入ってる感じ)

cherish/チェりッシュ
= 「動詞で大切にする」という意味(箱には大切なものを入れますよね)

container/コンテイナー = 容器、容れ物、コンテナ

crib/クりブ = ベビーベッド、部屋や家(米語)

cube/キューブ = 立方体、さいころ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

このような共通点が見えてきた時に、英語の面白さや奥深さを味わえます。

英単語もイディオムも、泣きながら覚えていたのに、気づけば好きになっているものです。

「好きになる」も英会話ではちょっとクセモノです。この機会に、以下を音読して、一気に片付けちゃいましょう。

  • I take to it.
  • I come to like it.
  • I get to like it.
  • I’m into it.
  • I’m in love with it.

シンプルな表現ほど難しいですよね?

 

「気に入る、馴染む」という表現もあるので

こちらでチェックしてみて下さい。

>>【英会話】”気に入る”と”なじむ”を英語で?

 

 

hulu
こんな記事もおすすめ