英文法(Grammar)

英会話でShouldの意味を2つ使いこなそう

Shouldの意味を2つ言えますか?

 

「〜するべきです。」といえる人はほとんどですが

「〜のはず」と言える人はかなり減るはずです。

 

言えない人には、心を鬼にしてはずべき!と言って覚えてもらいます。

愛のムチ?= Tough love/タフ ラヴ

 

 

 

 

 

「〜のはず」の意味で使うShould

 

今回は、多くの人が苦手なはずの「はずのshould」を読み込んでマスターしましょう。

ゲーム・オブ・スローンズ3章10話を参照

あのひどいジョフリーが赤ちゃんだった頃のことを語るサーセイのセリフです。

 

You = 人々は

terrible = ひどい

should have known = わかったはず

 

Cersei(サーセイ)

You always hear  the terrible ones were terrible babies.

「よく聞くわよね、ひどい人間は、ひどい赤ちゃんだったって。」

” We should have known.

Even then  we should have known. “

「私達はわかったはずだって。そんな小さなときにさえ、それがわかったはずだってね。」

It’s nonsense.

「そんなのデタラメよ。」

 

サーセイの母親としての一面をもっと知りたい方は

>>英会話でYouをもっと使おう

 

 

 

hulu
こんな記事もおすすめ