So that 構文

「目的の」so that構文を英会話で上手に使おう。

So that構文のとらえ方のコツ

I got a dog   so ( that ) my daughter can play with him.

「犬をもらったんだ、その目的は、娘がそのオス犬と遊ぶためにね。」

この場合は、

理由のso thatと捉えて「だから、娘がそのオス犬と遊べるんだ。」

でもOKです。

目的のso (that)構文は、

その目的はイコールと訳してあげれば、

そのまま書いてある語順でスピードを落とすことなく

すっきりと読んでいけます。

受験や英検は読むスピードが命ですよね。

TOEICならなおさらです。

英会話で使われるSo that

so that構文がどのように会話で使われているのか?

  1. talk A into B  = AをBに関して説得する
  2. talk A into 〜ing = Aを〜するよう説得する

Cersei :

You want to make things better for Sansa ?

サンサの状況を良くしたいの?

Give her a child.

彼女と子供を作るといいわ。

ゲーム・オブ・スローンズ三章10話

目的のso that

so that構文は、よくthatが省略されます。

英米人にとってthatは、省略してもぜんぜん大丈夫だからです。

しかし、多くの日本人は学校で「so that構文が〜」という感じで勉強するのでthatがないと、戸惑ってしまうことが多いと思います。

それでは実際の英会話で、

目的のSo thatをチェックしてみましょう。

Tyrion :

So you can tell Father

it was you who finally talked me into it ?

その目的は、姉さんが父に言うためか?

子作りをするように俺を説得したのは姉さんだと。

Cersei :

So she can have some happiness in her life.

その目的は、彼女(=サンサ)がいくらかの幸せを人生でつかむためよ。

上記の Soはthatがいずれも省略されています。

So (that) you can tell Father 〜〜〜と

So that she can have some happiness in her life.

がSo that構文を使った正式な言い方です。

実際には、面倒なので省略されることが多いので注意が必要です。

  1. So(=そんなだから)の” 理由のSo (that)構文 “と
  2. So(=その目的は)の” 目的のSo (that)構文 “

1と2を混同しないようにすることが大切です。

まとめ

考えてみれば

目的は理由であって、理由は目的であったりすることがわかります。

例えば、

「誰かを助けたいから」という理由が、

「誰かを助けるのが目的」であったり

「何かを食べたい」という理由が、

「何かを食べる」のが目的あったりします。

関連記事

>>いろんなsoを使いこなそう

>>「相性ぴったり、お似合い」と英会話で言いたい場合

>>What brings you here?と言われたら?

hulu