Getの用法

Go toでもGet toでも同じ意味

GoとGetは共通点が多い

 

日英の発想の違いから、goとgetを苦手とする人が多いと思います。

しかし、時に英語は丸暗記してしまったほうが効率的なことも多いです。

分からないところは一度寝かせておいて(=sleep on it )、問題ありません。

そしてヒントとなる会話や文章に出会ったら、そこで気づけるので大丈夫です。

細かいところは気にしないのも大切です。

 

 

今回はゲーム・オブ・スローンズの3章7話を参照します。

壁の北側から逃げてきた野人の女Oshaが、ブランに対して、変な考えはよせ、変な気を回すな。Don’t get any ideas !と説得を試みる場面です。

goとgetが同じ意味で使われます。

 


 

Osha(オーシャ) to Bran(ブラン)

You have a family.

You need to go back to Castle Black

so you can get back to them where you belong.

戻るという状態になるということをgoもgetも表現できるます。最後に、あなたがいるべきところは(=where you belong)は、them(家族のところ)だと言っています。

 

ちなみに、「私浮いてる」「私のいるべきところじゃない」「私場違い」なと言いたいときは、I don’t belong hereと言います。

 

関連記事

>>英会話でのGet 人 toとGet 人 to 場所の使い方

>>英会話独学の勉強法比較

 

 

 

 

 

 

 

 

 

hulu
こんな記事もおすすめ