発音のコツ

Jewel, Jewelryの英会話における発音の違い

宝石という単語を英語でいくつ言えますか?

日本語でも、宝石、貴金属、光り物など宝石に関しては色々な呼び方がありますよね。

英語でも、色々な呼び方があるのですが、Rの発音やLの発音、特にダークLというものも入ってきてややこしくなります。

簡単そうで、日本人にとって重要な発音のコツやポイントがここに隠れているのです。

Gem/ジェム

LとRがないので、日本人にとっては使いやすい単語だが、

宝石=ジュエリーだという思考が多くの人の頭にこびりついているので使うのに慣れが必要かもしれません。

Jewel/ジュウル

jewelは、可算名詞なため数えることができます。

Jewelry/ジュウ-り

「このryが〜類という意味なため,
このjewelryは集合名詞という名刺になってしまいます。
だから、このjewelryは数えることのできない”不可算名詞”になります。

ユダヤ人は英語でJewish/ジュウ-イッシュ、短くするとJew/ジュウと口語で呼びます。

3つキチンと言えたでしょうか?
言えたら相当語彙力があるのではないでしょうか。

しかし問題は、
外国人の耳に自然に入っていくかどうかです。

そこでこのjewelとjewelryの発音をしっかり理解するために、ユダヤ人について話をしたいと思います。

彼らは、宝石の王様であるダイヤモンドの市場を牛耳っているよく聞きます。

このJew/ジュウとJewel/ジュウルは、おそらく調べればなんらかの関わりがあると思われます。

なぜなら発音が似ているからですし、そう考えたほうが発音が簡単になります。

そして最難関のjewelry/ジュウ-りについても、いくぶん楽に発音ができるようになるはずです。

コツは、ryのまえのlを無視することです。

このlはダークLと呼ばれるもので、普通のLの発音ではなく「う」当発音になるからです。

そしてジュウと言った後のLなので、あえてこのダークLは発音する必要もなく勝手に出ていると考えて下さい。

そして締めの「り」つまり”ry”の部分をしっかりRの発音で出せればGoodということになります。

hulu