Bワードの習得

BaldとBold は、どっちがハゲ?

baldとboldの違い

BackとBuckの近いなどと同じで似ているようで異なる単語はとても覚えにくいですよね。

多くの人がスペルと発音の小さな違いを認識できていないと思います。

こういう場合は、自分なりの判断基準を無理矢理にでも作ってしまうべきです。

bald=はげた

私もこの2つの単語の違いを何回やっても忘れてしまって

途方に暮れていました。

= I was at a loss/ I was at sea.

間違えると笑いになる可能性のほうが高いですが

逆にとんでもないことになる可能性もありますよね?

bald/ボールドゥ =  “はげた”ボールのようにつるつる !

このように覚えれば、大丈夫です。

bold/ボウルドゥ = “勇敢な/大胆な”

さらにboldの方もマスターすれば完璧です。

男らしい人が「オウオウおう!」と

大胆な感じでケンカを売っている感じが想像できれば簡単です。

英会話のスピーキングで、Braveの代わりに使ってみるのもおすすめです。

英会話習得の一つのこつは、大胆さだと思います。コツコツやった後は思い切って、海外旅行などで多くの人に話しかけてみるのも大切だからです。

失敗を恐れずにどんどん話しかけることもときに必要です。

インプットが7割アウトプットが3割が、一番効率のいい英会話勉強です。

hulu