Getの用法

Got me like〜とten/twenty bucks saysの意味は?

【Q】Got me likeの意味は?

英語も主語を省くことは、以外に多いです。

そしてその省いたフレーズが日本人にとっては難しいので注意が必要です。

ItをGotの前に入れれば、いいだけです。

私を「〜の状態にする」というイメージ

前回たくさん例をあげましたが

さらに日本人にとって難しいと思われる

Got me like 〜 : “私を〜な感じ/状態にした”

をピックアップしたいと思います。

〜には

感情を表現する言葉や文がきます。

Got me like 〜は

It made me feel like〜というのが長いので

( It ) got me like 〜に省略したと考えればいいのです。

例を上げれば

Got me like …” I gotta go ” !

=逃げないとやばい!って感じになったんだよ。

(gotta go は、got to go = have got to go = have to go)

英会話で使うGot me like

ゲーム・オブ・スローンズの小説においても

” Lorch killed the man at Rushing Falls,

and the Mountain’s slain him twice.

ゲーム・オブ・スローンズ

( 殺す : slay – slew – slain )

「ローチはその男を殺したRushing Fallsで、マウンテンもそいつを殺した2回な。」

Got me (like)

a silver stag says

he don’t stay dead this time neither. “

(卑しい身分だからdon’tと言っている)

「なわけで、おれは確信してる、ヤツは死なないぜ今回もな。」

Ten bucks saysとtwenty bucks saysの意味

英語では、強い自信を示すときに

ten bucks saysやtwenty bucks says

と表現することがあります。

buckは米ドルです。理由は、西部開拓時代に貨幣の代わりとして雄鹿の革が使われていたからです。ゲーム・オブ・スローンズでは、silver stagはお金の単位になります。(バラシオン家の紋章が雄鹿であるstag)

I bet  that S V =  かけてもいい、SがVだと。

つまり、

a silver stag says は I betの言い換えです。「かけてもいいぜ」と言っています。

Got me = 俺はこう思うに至った、、

a silver stag says = かけてもいいと、、

he don’t stay dead this time neither.

=ヤツは死んでも蘇る、今回もな、死なないんだ。

お金に関する英語表現が、日本人には苦手なところです。

お金の話は汚いものという発想が関係しています。

You’ll buy it ?「あなたはその意見に賛成ですか?」

I won’t buy it(=私は信じない/賛成でない)や、

I’m sold.(わかったよ/納得させられ)みたいな言い方もよく使われます。

英語の発想を先に頭に入れないと日本語で考える癖が抜けません。

メイクイット英語塾では、日本人が英語を最短でマスターするための考え方を徹底的に勉強できます。

お気軽にお問い合わせ下さい。

hulu
こんな記事もおすすめ