仮定法(Subjunctive mood)

As long asとas far asとIfの使い方

As long asとas far asの使い方

longもfarもざっくり言えば、距離です。そして距離とはざっくり言えば、条件です。

条件を表現する時英会話では、ざっくり言えばIfが頻繁に使われます。よって、as long as SVやas far as SVと長々しいやっかいな英文が長文問題などで出てきたら、とりあえずIfと入れ替えて考えれば、簡単になんとかできます。

これは英会話のリスニング問題においても応用できる便利な方法なので、混乱したら裏技としてIfにするという手を覚えておいて下さい。いちいち「SがVする限りにおいては」とか無理やり日本語に直して難しくする学校や塾での授業で悪い癖がついてしまいます。

私もかつてK塾というところで、英文解釈という授業を取っていましたが、大嫌いでした。

英会話で使われるAs long as

ゲーム・オブ・スローンズ7章3話参照

Tyrion to Jon Snow

At some point,

I want to hear how a Night’s Watch recruit became King in the North.

「どこかの時点で、聞いておきたいんだ、どうやってナイツウォッチの新人が北の王になったのかをな。」

ナイツウォッチとは、ゲーム・オブ・スローンズの中の国境警備隊です。Recuitは、新人という意味があります。Recruit is reckless?「新人は向こう見ず?」という文章が、ふとこのセリフを聞いて浮かびました。

ゲーム・オブ・スローンズを見ていると、ふっと英単語のイメージがつながることが増えてくるので、英単語というか、英語の音や意味がどんどん好きになります。

Jon Snow to Tyrion

As long as you tell me how a Lannister became Hand to Daenerys Targaryen.

「お前も話してくれたらな、どうやってラニスター家の一員が、ディナー・ターガリアンの宰相になったのかをな。」

「お前自身が、どうやって出世したのか話してくれたら、俺も話す。」という構造です。I’ll tell you that.「俺も話す。」の部分がわかりきっているので省略しています。

しかしながら、日本人にとっては、as long as SVと苦手な構文なので、非常に不親切な省略と感じる人も多いのではないでしょうか?

しかし、これが実際の英会話レベルです。簡単も難しいも関係ありません。何が難しいか、簡単かなど海外に行けば考慮してもらえません。

生徒の英会話レベルに気を使ってくれるのは、お金を払った英会話スクールやオンライン英会話スクールの講師だけだからです。

英語脳、英語脳といってセールスに励む人たちがあふれていますが、「英語脳とはどういう脳なのか?」気になったことはありませんか?

私も気になって読んでみるのですが、ほとんど何も書かれていないのでいつもイライラします。実はそれを書いている人たちは何もわかっていないし、考えたことさえないのかもしれません。

単に「ネイティブスピーカーと話していれば、何も考えなくても簡単に英語脳が手に入りますよ」というような事は書いてある気がするのですが。。真に受けないことをおすすめします。

交換条件を語る場合、Ifでもいいですが、条件を強調する意味で、as long as SVを使います。

これはIfの直接法でいいのに、仮定法にする場合も、Ifを強調していると考えることができるのと同じ発想です。それほど英会話におけるIfの存在は大きなモノです。その証拠にコリンズ英英辞典をみるとIfを使った説明がどっさりですし、実際の英会話においてネイティブスピーカーの英会話と日本人の英会話を比較すると、Ifを使う割合に大きな開きがあります。

関連記事

>>Ifの直接法と仮定法を判別するヒント!

>>Ifが苦手な人は英会話も苦手なまま?

>>学校で習わない英会話の仮定法

As far as SVとAs long asの関係

Denaerys to Jon Snow

As far as I can see, you are the enemy to the north.

「私が見る限り、あなたが、北部にいる敵ですが。(ホワイトウォーカーなどではなく)」

As far as I can seeも、日本語で考えている時間は、リスニングではありません。If I can see,で、「もし私がわかるとしたら、」と発想を少し変えれば楽に理解できるようになります。これも英語や英会話においてIfが果たす役割の大きさを知っているかいないかの違いだけです。

As far as A is concernedという、お決まりの英会話フレーズもIf A is concerned,と考えることができます。「Aのこととなると」というのが日本語訳ですが、「もしAが関係することならば、」という発想でも理解できます。こちらは丸暗記の方が早いと思いますが、as far as SVもas long as SVと同じで、Ifという英語的発想の文章を言い換えただけなので、実は簡単に理解できるのです。

関連記事

>>UnlessとAs long asがゴチャ混ぜな方への解決策

hulu
こんな記事もおすすめ