仮定法(Subjunctive mood)

be supposed to の使いこなし方

subjunctive formとは仮定法

shouldはshallの過去形

そして、

be supposed toは、

  1. be going to (〜することになっている)
  2. should(〜するはず)
  3. must(〜しなければならない)

未来を向いていたり、

仮の話をしていたり、

日本語とマッチしないので使いづらいですよね。

よって説明も難しくなりがちです。

be going toとbe supposed to

〜することになっている

  • be going toの意味で使われる

例)

You are not supposed to be here.

ここにいることになってないよね。→なぜここに?!

例)

Aren‘t you supposed to be at lunch.

ランチの予定じゃなかった?

shouldとbe supposed to

〜するはず

  • shouldの意味で使われる

例)

The train was supposed to get here 5 minutes ago.

その電車は5分前にはここに到着するはずなんだけどな。

例)

She‘s supposed to be here in minutes.

もう何分かそこらで彼女はここにつくはずなんだけどね。

mustとbe supposed to

〜しなければならない

  • mustの意味で使われる

You are not supposed to bring a smartphone here.

ここにスマホは持ち込み禁止よ。

例)

You’re supposed to do your homework everyday.

あなたは毎日宿題しないといけないよね。

関連記事

「むしろ〜したい」は英語で?

Ifの直説法と仮定法の比較+深層心理

「〜の身になって考える」は英語で?

「〜というわけでもあるまいし」を英語で?

「〜なのはやまやま」は英語で?

hulu
こんな記事もおすすめ