ItとThatの用法

It+that節の関係

ItとThat節を抵抗なく使えるようになることが

一つの英会話上達の重要ポイントです。

Itとthatの関係

It is for 人 to doは、学校で丸暗記するので比較的簡単かもしれませんね。

しかし、学校や塾ではそこまででお終いなため、

いまいち英会話で使いこなすことができないのが

ItとThatではないでしょうか?

It = that

ととりあえず頭に入れるのが基本です。

It that構文

(例文)

  1. It’s easy for you to say so.
  2. It’s easy for you that you say so.

「そのように言うのは簡単だよね。」

2つの文は同じ意味ですが、①のほうが簡単に言えますよね。

もちろん短いほうが楽なので①が使われる頻度の方が多いのですが、

主語をはっきりさせたほうがいい場合は②のようなthat節を伴ったカタチがベターです。

It’s better that I walk.

A storm of Sword Chapter 46

が歩いたほうがいい。(=が馬に乗って)」

男児たるものを示したい場合に使えるわけです。

That節の応用フレーズ

This is still a dream, Sam prayed.

Oh, make it that I’m still asleep,

make it a nightmare.

A storm of Sword Chapter 46

これはまだ夢を見てるんだ、とサムは祈った。

まだ寝ていることにしてください、と

悪夢であることにしておいてください、と。

not until+that

この表現も日本語に訳しながら考えるとあっちへいったりこっちへ言ったり無意味な努力をしなければいけなくなります。

しかし、そこを我慢してまして前から読めばいいだけということに気づけば楽勝です。

It was not until Qyburn and Steelshanks added their voices

that a head finally appeared on the battlements above them.

A storm of swords Chapter 44

それはNoだった、カイバーンとスティールシャンクが彼らの声を加えると、一つの頭が姿を表した、外壁の上から、彼らの上にある外壁から。

テニヲハホヘトがあって当たり前の日本語と、

全然なくて平気な英語の違いがポイントになります。

難しいのは、違っているところです。

hulu
こんな記事もおすすめ