Ifの用法

上手なIfの使い方で一気に説明上手!

説明するという行為。

それは本来、聞き手のためになされるのがあるべき姿です。

もしも、

あなたの言いたいことを伝えることだけに重きをおいているのなら、

あなたの英語力も伸びないはずです。

きちんと聞いてもらえないからです。

相手の気持ちや、立場、利益を考えていますか?

Ifを使えば、自動的に、そして自然にそれができるようになります。

Ifを使うメリットは?

  1. Ifを使えば自動的に自然に具体的な説明に入ることができる
  2. If youを使ってみると、自動的に相手の立場に立つことができる。

(例文)

A君

P.E. means what ?

「P.E.ってどういう意味?」

B先生

P.E. stands for physical education.

If you play something in P.E. class, like football, baseball,

you get to know how to use your body, right ?

That means you study physical stuff(=things).

So,

it’s called P.E. for short.

「P.E.は体育という意味だよ。

もし何か体育でやるとしたら、、サッカーや野球とか。

体の動きを知ることになるだろ?

それって身体的なことを勉強するってことだから、

略してP.E.って呼ばれてるんだよ。」

stand for A = Aを表す、示す

for short = 省略して

Ifを使った説明の応用パターン

英語はボールゲームです。

テニスもサッカーも野球もバスケットボールもラグビーもイギリスかアメリカ生まれです。

The Japan Newsのスポーツ欄で好きなスポーツや日本人選手を追うと、

自動的に英語上達のコツが身につきます。

Fitter Murray declares/ he’s done /delving into doubles

「調子が良くなってきたマレーが宣言、ダブルスを掘り下げることはもうおしまい」。

Dワードを意図的に盛り込んだタイトルが目を引いたのでテニスの記事を参照します。

アンディ・マリー(テニスプレーヤー)

” I realized that

if I want to get back to singles at the highest level as quickly a possible,

I need to avoid doubles.”

The Japan Times ( AFP-Jiji)

「俺が実感(認識)したのは、

もし、シングルスの高いレベルに早く戻りたいなら、

ダブルスは避ける必要がるってこと。」

that節の中に普通にIf節を入れても、英会話では問題ないことがわかりますよね。

IfとEven if

If not, it’s not the end.

= Even if it’s not, it’s not the end.

「もしそれがダメでも、それは終わりってことじゃない。」

Ifには、Evenが省略される場合があります。

ということは、

Evenを言わなくてもEven ifの意味が出せるということです。

ということは、

もっと気軽にIfを使うべき理由が一つ増えるということです。

hulu