Noの使い方

Not halfとNot allについて

notの使い方はややこしい!!

I couldn’t agree (with you) more.

大賛成です(これ以上賛成できないってくらいに。)

例)

I couldn’t agree (with you) less.

全く賛成できません。(これ以上/下?ないってくらいに賛成しかねる。)

例)

I don’t like any dogs.

「私はどの犬も嫌いだ。」

「私はすべての犬が嫌いだ。」

どの犬を選んでもというイメージです。

このnotはanyにかかっていません。

しかしながら

例)

I don’t like all dogs.

「私は全ての犬が嫌いってわけじゃない。」

法則があるようでない。。。

not half badについての考え方

It’s not half bad !

がなぜ「すごくいい!」という意味になるのか?

そこには日英の発想の違いがあります。

日本語の「ちょっとも悪くない。」

が、英語では「半分も悪くない。」

と考えると頭に入ってきます。

Half empty, half fullというコトワザにもhalfが使われていますよね。

The boy’s not half stupid,

once he gets his tongue untied.

A song of ice and fire series

「その少年は全然馬鹿じゃない、一旦舌がスムーズに喋りだせば。」

not allの語順で部分否定

He did not answer all the questions.

彼はすべての質問に答えたわけではない。

Not all people are as generous as she is.

ジーニアス

部分否定はallの前にnotを起き全否定では、no, noneなどを用いる。

Not all kids like apples = All kids do not like apples?

①全員がりんごが好きとは限らない

②全員りんごが嫌いと

あいまいになることがある。

そのため

allの直前にnotを多くか、no, noneなどを用いる事が多い。

All 〜 notの語順

all…notの語順は現代では、全体否定に介されることが多く、部分否定として使うのは避けるべきである。

All of the student cannot answer.

= None of the students can answer.

コトワザなどの例外で部分否定になる。

All the glitters is not gold.

「全ての光る装飾品がゴールドだとは限らない。」

オーレックス

完全否定

All the boys did not leave.のように

allの後ろにnotが来て、その間が離れている場合は、

現代英語では完全否定になることが多い。

特にallが総括的意味を表すときは完全否定になる:

All the police in town could not find the lost child.

「総動員したが発見できなかった。」

ランダムハウス

Every man cannot be a king = Not every man can be a king ?

全員が全員王様になれるわけじゃない

どちらも同じ意味で使うことができますが、、、

こちらも、not allと同じく

できるだけNot everyを部分否定に使うのが無難です。

関連記事

「まんざらでもない」は英語で?

「間違っても〜しない」は英語で?

hulu
こんな記事もおすすめ