まの英会話フレーズ

「間違っても〜しない」は英語で?

Noの使い方+倒置

使えるとぐっと英語の表現力が上がるので、

理解力も上がり英語が楽しくなります。

しかし、Noを言い慣れない日本語話者にとっては、

ある意一番難しいかもしれません。

under no circumstances

間違っても〜しない、まかり間違っても〜しない

文頭にきて倒置が続くパターンが多い。

Noを強調するためのカタチ

例)

I would under no circumstances do such a thing.

↓↓

Under no circumstances would I do such a thing.

間違ってもそんなことはするつもりはない。

例)

Elementary schools should under no circumstances allow students to study the courses that students want to study.

↓↓

Under no circumstances should elementary schools allow children to study the subjects that they want to study.

間違っても小学校では生徒にやりたいように科目を勉強することを許してはならない。

not〜under any circumstances

間違っても〜しない

こちらは倒置ではなく、

普通の語順で使われる

例)

I would never do such a thing under any circumstance.

間違ってもそんなことはしないよ。

Not in the least V S

少しも〜しない

例)

I do not agree in the least with your idea.

↓↓

Not in the least do I agree with your idea.

少しも君の考えには賛成できない。

Only when 〜 + 倒置

〜するときだけ・・だ

例)

It is useful only when he is in our team.

Only when he is in our team is it useful.

彼が我々のチームに居るときだけ、それは有効だ。

関連記事

No sooner thanと倒置表現

So do Iからの倒置表現の応用パターン

Not halfとNot allについて

「よりによって」を英語で?

hulu
こんな記事もおすすめ