ItとThatの用法

That節とBecauseで英会話を上達させる

わかっているつもりが、わかってない。

見えていると思っていたのに何も見えていなかった。

こんなことよくありますよね。

英語を上達するには、このような気づきがとても大きな役割を果たします。

英会話でのThatとBecauseの自然な使い方

今回は、一見何も無いようで、きちんと存在するThatをピックアップしようと思います。

これをきちんと扱えるか扱えないかで、以後の英会話力が全く別物になります。

学校ではthink thatの構文と習う人が多いと思いますが、そのような丸暗記はおすすめしません。

英会話も間のとり方が重要だからです。

間のとり方を間違えると、いつまでたっても英会話のリズムが掴めません。

つかめないとリスニングも耳に入りません。

英会話もネイティブスピーカーと呼吸が合わないままです。

よって、

I thinkといったら、少し息をついてからまたSVの文章を作っていくことをおすすめします。

英語も呼吸と間が大切なのです。

全部が全部木の間のとり方ではありませんが、

日本人のI thinkは、ほとんどIにアクセントがいきません。

それがこの間のとり方が苦手な理由だと考えています。

I think+that節の構文

基本中の基本ですが、英語の骨格の部分と言えます。

それプラスbecauseを付け加えることで、かなりなんでもいいたいことをいえるようになります。

困った時は、この形を使って言い直してみて下さい。

聞いている方からしても、情報量が多くなるので、大体のメッセージを推測しやすくなります。

ダリオ・ナハーリス

I think the Sons of the Harpy have stopped killing

because their leader was made king.

ゲーム・オブ・スローンズ

「俺が思うに、ハーピーの息子たちが殺しを止めたってのは、奴らのリーダーが王様にされたからだと思う。」

I think (that) 主語+動詞+because 主語+動詞という形になっています。

主語プラス動詞が一つの文章に、計3つ入っているのに気づかれたでしょうか?

これだけ入れることができれば、英会話でも、かなりなんでも具体的に表現できると思いませんか?常にこの話し方ができれば、発想も英語の発想ができるようになってきます。あえて意図的に使ってみて下さい。

ちょっと堅苦しく感じるかもしれませんが、これができる人とできない人では英会話力の差が広がります。英検の二次試験も、この形が自然に使えると、かなり合格の可能性がアップします。

ディナーリスtoダリオ・ナハーリス

Are you jealous?

ゲーム・オブ・スローンズ

「やいてるの?」

You think+that節の構文

「〜ってこと?」と日本語では言うことが多いですが、英語では、「誰が」という主語をハッキリさせる傾向が強いです。英語では、日本語のように、曖昧さを良しとしてはいけません。

ダリオ・ナハーリスtoディナーリス

You think I’m petty enough to speak ill of a man

just because he represents competition?

ゲーム・オブ・スローンズ

「あなたはこう思うのか?おれがちんけな男で、ただ単に、自分のライバルの男の悪口を言ってるって?」

You think (that) 主語+動詞+because 主語+動詞

ここでも、主語+動詞が形3つ入っています。

ペティ ささいな、とるに足らない

petty enough to do : 〜するほどに(充分)ちんけ

speak ill of A:Aの悪口を言う

represent competition : ライバルを意味する

rival=competition

hulu
こんな記事もおすすめ