ゲーム・オブ・スローンズ

ゲーム・オブ・スローンズ8章を見終えて。。

最終章の8章は、作り直しの署名運動が起こるなど、

あまり評価はよくないかもしれないと思っていました。

しかし、

ゲーム・オブ・スローンズに骨の髄までハマってしまった今となっては、

その最後を見届けるのが目標であって、

面白かろうがつまらなかろうがあまり関係のない人も多いのではないでしょうか。

いわば真の阪神ファンのような心境でした。

アマゾンプライムビデオで、2500円ほどの購入して全エピソードをみました。

滅びの美学

最終章だけあり、

かなりグラフィックやスケールなどに力が入っていました。

戦闘シーンや、ストーリーなどかなり以外なことが多くて、良かったです。

私の場合はゲーム・オブ・スローンズが好きすぎるので、

1回目は大ざっぱに見て、2回め、3回目と深く楽しんでいくつもりです。

特にウィンターフェル城の戦いは、体調が万全でなかったために、

何回もウトウトしてしまいました。

決して退屈だったわけではないので逆に2回目に見るのが楽しみです。

小説を全部読んでから、ドラマの最終章を見ようと思っていましたが、

いつになるかわからないのと、人からついうっかり色々聞いちゃうのが嫌だったので、

暑いこともあり、涼しい部屋の中で一気に見てしまいました。

様々なキャラクターの最後を見ながら、いろんな生き方を知ることができます。

それぞれが、それぞれらしい死に方をしていると思います。

それは、生き方とも言えますよね。

絶望の果てに

最終章を見終えて

胸のつかえが取れてスッキリしたので良かったです。

長すぎて、ハマりすぎて、終わるのが寂しくて、

最終章を見るのはずっと先延ばしにしてきました。

だいたいどんな映画やドラマを見ても、

何も感じなくなってしまうほどの衝撃的な作品になりました。

もうドラマは卒業なのかもしれません。

これ以上のドラマ大作は期待できないからです。

ある意味で、あきらめとちょっとした絶望です。

hulu