Makeの用法

Made+人+ somethingの2パターンにご用心!

I made something for you.のほうが日本人にとっては、言いやすい英会話表現です。

しかし、

I made you something.

のような言い方をすることも多いのです。

にもかかわらず、どちらかしか言えないのはまずいと思いませんか?

Make A Bの2パターンをモノにして、

Makeをバンバン使えるようになりましょう。

①「AにBをつくる」Make A B

ゲーム・オブ・スローンズ5章9話より参照

Davos:

But the dragon saw a dumb man holding a mirrored shield.

Shireen:

And burnt him to a crisp.

ダヴォス:「ですが、そのドラゴンは一人のアホな男が鏡になっている盾を抱えているのを見た。」

シリーン:「そして彼は、パリパリになるまでドラゴンの炎で焼かれた。」

これは、微笑ましい昔の物語をShireenとDavosが語り合うシーンです。しかしながら、シリーンの近い未来にピッタリと当てはまっていることに気づいた人もいるかも知れません。これは英国人のジョークみたいで、ちょっと言葉に詰まりす。Shireenという名前を聞く度にShriekという「金切り声をあげる」という英単語が頭に浮かぶようになります。

Davos to Shireen

I made you something, Princess.

Shireen to Stannis

Will you make me a doe, too?

So that he can have company?

「お姫様、私はあなたにちょっとした物を作りました。」

(省略)(プレゼントはStag=雄鹿の木彫人形だった。)

「メス鹿(=doe)も作ってくれる?オスの鹿が仲間を持てるように。」

②「AをBにする」Make A B

ゲーム・オブ・スローンズ6章9話参照

Stannis to Tormond

I loved the man.

He lifted me up and made me something.

But he had demons in his skull whispering foul things.

「俺は、あの男が好きだった。彼は俺をひとカドの人間にしてくれた。だが、彼は頭蓋骨の中に悪魔が住んでいた、邪悪なことをささやく悪魔だ。」


こちらも、多くの人が使うのが苦手なmakeを使った言い回しです。

make you angryのように後ろが形容詞なら比較的楽に英文が作れる人が多いです。今回は王様という名詞を使っています。今回の王はタイトルなので冠詞がついていません。

A King’s guard

They were going to make that boy-fucker Renly king.

「奴らタイレルの連中は、あのホモのレンリーを王にするつもりだった。」

make/ that boy-fucker Renly/ kingという感じです。

形容詞のboy-fuckerがなければわかり易いはずです。

【関連記事】

hulu
こんな記事もおすすめ