because

英会話における英語の金型

理由と神と英会話

英語をマスターするためには

英語の型について知る必要があります。

ちょっととっつきにくいと思いますが

英語を勉強していると早かれ遅かれたどり着きます。

Sooner or later = 早かれ遅かれ

だったら早いほうが良い = The sooner, the better

Why ? Because….についてです。

今回は、まさに英語のカタチの典型、

であるがうえに日本人の発想になじまない

だけれども、だからこそモノにすれば英語力が一気に改善します。

ゲーム・オブ・スローンズを参照して、なぜ以下の文章が重要なのかチェックしてみて下さい。

Osha :

Is that what he’s telling you ?

“それが彼(ジョジェン)があなたにいってることなのか?”

That it’s all for a reason ?

“すべては理由のためにあると?”

All these bad things happened

because the gods got big plans for you ?

“全ての悪い出来事は

神々が大いなるプランをお前のために持ってるからだって?”

I wish it were true, little lord.

“それが本当なら良いのにね、小さな領主様”

But

the gods wouldn’t spare a raven’s cold shit

for you or me or anyone.

“だが

その神様はあんたや私や他の誰も気にかけてなんかいないよ。”

(カラスの冷たいクソでさえ用意しておいてくれないよ。)

ちなみにこの英語から

I don’t give a shit. = I don’t care.

なのが見えてきませんか?

英語では理由が要

英語はまず結論をはっきりさせ

  1. 次に必ずと行ってほしいほどその理由を話します。
  2. よってWhy ?も自然に会話の中に出てきます。

そして、その結果として

Why ?に慣れていない日本人は、うまく答えられなかったり、曖昧な答えになってしまいます。

英語が苦手な上に、いい印象を与えることが出来ないということが往々にして起こります。

この発言をしている野人のOshaという女性の感覚がどちらかというと日本人の発想に近いのではないでしょうか。

アニムズムといって自然を神と崇めている感じです。神道と神社が森のなかにあるイメージです。

hulu