Doの用法

Do me favorとDo me goodについて

英語において

日本人は名詞が使えないことが一つの大きな弱点です。

例えば、

favoriteはOKでもfavorを使うのが苦手。

または、

goodは名詞にもなることを知らないということがよくあります。

けっこう重要なので、ここで蹴りをつけておきましょう。

Could you do me a favor ?

「お願いがあるのですが。」(=助けてくれませんか?)

このdo me a favorが、日本人的にピンとこない人が多いと思います。

Favor

  1. 親切な行為
  2. 好意( favoriteは大好きな )
  3. 偏愛、えこひいき

とさらに難しいですよね。

今回はさらにもう一個おまけです。

名詞のGood

  1. 役に立つこと、効用
  2. 価値のあること
  3. 利益、恩恵

This is no good any more.

「コレはもう役に立たない。」

Will it do me any good ?

「それは私に何の利益があるの?」

It’ll do you good to have a vacation.

「休んだほうが良い。」

英会話で使われるDo+人+good

それでは、ゲーム・オブ・スローンズの三章7話において、

実際の英会話でどのように、do 人 goodが使われているか見てみましょう。

stymie = stop, 妨害する、邪魔する

corruption = 腐敗、腐食

a learned man = 多くを学んだ男、経験豊富な男

Qyburn to Jaime

Yes, we’ve stymied the corruption.

「腐食は食い止めたな。」

Jaime to Qyburn

You’re a learned man.

「しっかり学んでるんだな。(外科手術のスキルを)」

Qyburn to Jaime

All the good  it’s done me.

「その腕の良さは全て、学びが私に対して為してくれた効用です。」

( it’s done = it has done )

ちょっと離れているので難易度はたかいですが、関係代名詞が分かれば解けます。

【関連記事】↓↓

>>Bearとhugとhaveをつなげるイメージ

hulu