数字の英会話フレーズ

One too manyとOne or twoの英会話での使い方

簡単そうでちょっと難しい

しかし、これもやはり英語の発想さえわかっていれば

ぐっと楽に理解できます。

英語の発想の中には

キチンとラインを引く

という発想が日本語と比べるとあります。

曖昧さを嫌う傾向があります。

One too manyの意味は?

このone too manyもラインを超えてしまう感じを

イメージできれば頭に入りやすくなります。

モノゴトを曖昧にする傾向のある日本人にとってちょっと苦手な英会話表現ですが、

海外ドラマなどを見ているとバンバン出てくるのでこのラインをはっきりさせる系の表現は要注意です。

  1. overstep the boundaries(=境界線)
  2. go to extremes(=行き過ぎる、やりすぎる)
  3. cross a/the line
  4. cross the Rubicon(=決定的な一歩を踏み出す、重大決意をする)

ローマ将軍カエサルCaesarが

「賽(さい)は投げられた」と言って

ルビコン川を渡り戦いに赴いたことに由来

「少し飲みすぎるは」英語で?

You’ve had one too many.

という日本児からすると分かりづらい英語表現があります。

You are (one) too many for me.は

「君は僕の手に負えない。君にはかなわない。」

Jaime (ジェイミー)

So why did the Citadel take your chain ?

Did you fondle one boy too many ?

ゲーム・オブ・スローンズ

“それじゃあなんで学識の符であるthe Citadel(町の名前) は

あんたの首飾り(=官職、ここでは学者の印)を取り去った?”

ちょっと少年を可愛がり(= fondle )過ぎちまったとか?

One or twoとOne too many

a fewという意味でone or twoもよく英会話で聞く表現です。

ヤーラtoディナーリス

We’d like you to help us murder an uncle or two

who don’t think a woman’s fit to rule.

ゲーム・オブ・スローンズ

「我々はあなたに手助けしてほしいのです。

女が統治するのは適任でないと思っているおじさん方を

少々殺すのに手を貸してほしいのです。」

the oneや

know a thing or twoの関連記事↓↓

hulu
こんな記事もおすすめ