代名詞(Pronoun)

英会話で” Something “をもっと使って下さい

Somethingは、英会話においてとても重要です。

 

オクスフォードなどの英英辞典を見ていると、sthという文字がよく出てきます。

これはsomethingの省略なのですが、実際の英会話においても非常に出てくる頻度が高いです。このsomethingを使いこなせているのか?

ご自身でチェックした上で意識して頻繁に多用してみて下さい。それが英語発想をものにする一つの重要なポイントだからです。

ちなみにsbというのはsomebodyの省略です。somethingとsomebodyともにフルに使っていきましょう。

 

英会話で多用されるSomething

 

実際に使われている例として、ゲーム・オブ・スローンズの3章6話を見てみましょう。

 

Little Finger :

Luckily,

I have a friend(=ジョフリー)

who wanted to try something new.

Something daring.

And he was so grateful to me

for providing this fresh experience……..

something new (なにか新しいこと)and something daring(なにか大胆なこと)

= ロスをボーガンで殺すこと(fresh flesh(=新鮮な肉体)を使った実験)

 

ここで注目してほしいのが

something newsomething daring のように

newやdaring(=大胆な)という形容詞を後ろにつけていることです。

 

例えば、Something specialなにか特別なもの・こと」なんかはしょっちゅう使われます。

 

関連記事

>>英会話におけるNothingとSomethingの重要性について

 

hulu
こんな記事もおすすめ