代名詞(Pronoun)

英会話で「みんな」と言いたい場合のパターン

Everyone意外で「みんな」を英語で言うと?

  1. People
  2. You all
  3. You
  4. They

英語では、日本語の「みんな」という場合いろいろな主語を使います。

You all

Peopleは、使いやすいですが、

Thank you all.やAre you all here ?

という感じで使うのに一苦労な人が多いのではないでしょうか?

「みんなここにいる?」といいたい時の定番フレーズです。

You

Youは、一般的なことを述べるさい、everybodyの代わりによく使われます。

「あなたを含めてみんな」という発想で使うと抵抗なく使えるようになってきます。特にIfなどを使ったたとえ話をする場合に便利です。

If you go old, you get mild.

「年をとったら、みんな穏やかになるもんだ。」

They

Theyも口語でみんなの意味でよく使われます。

Whatever they say, I will do it.

「人(みんな)がなんと言おうと、私はやる。」

Everybody/Everyone

でも今回はEverybodyとSomethingやSomeoneを使って、一般的な「みんな」を表現するパターンを紹介しようと思います。

みんな日本人が苦手としているパターンだから覚えてしまえば便利で、

みんなと差がつくのではないでしょうか?

Everybody is good for someone.

「みんな誰かしら、ピッタリの人がいる」

Everybody is good for something.

「みんな、なんか得意なことがある」

このEverybody と some〜の関係、日本語で英語を考えていると頭に入りづらいです。

よって実際にゲーム・オブ・スローンズで最後に確かめておきましょう。

Oberyn to Varys:

Everybody is interested in something.

ゲーム・オブ・スローンズ4章6話

「みんななにかに興味があるもんだぜ。」

Varys to Oberyn:

Not me.

When I see what desire does to people,

what it’s done to this country,

I am very glad to have no part in it.

Besides,

the absence of desire leaves one free to pursue other things.

ゲーム・オブ・スローンズ4章6話

「私は違います。

欲望が人々に及ぼすことを見ると、、

つまり欲望がこの国に及ぼしてきたことを見ると、

私はその欲望に関する部分がないことを嬉しく思うのです。

さらに言えば、欲望がないということは、

私に一つ自由に他の何かを追い求めることができるのです。」

hulu
こんな記事もおすすめ