Tワードの習得

名詞のThoughtの使い方

昔、教育実習生同士のグループワークをやっていた時のことです。

意見があまり出てこなかったため、

Voice you thought, please.

と周りの3人に言ったら、全く通じずその場を更に静かにしてしまいました。

いちいち説明してしまうのもどうなんだと

What do you think of that ?

と言い直して、何もなかったことになりました。

名詞Thoughtを使いこなす!

私がこのフレーズを覚えたときも、

「へ〜」と思ったので仕方がないかもしれませんが、

voiceが名詞で、

thoughtがthinkの過去形と過去分詞に凝り固まっている人が多いのは

学校の英語教育の弊害でしょうか。

応用が効かないと英会話になりません。

日本語の思考パターンに引きづられるためか、

はたまた他のヨーロッパ諸語と同じように動詞に力を入れようとするためか、

名詞がないがしろにされています。

すると

Give it a thought.「それについて考えといて。」

などもピンとこないはずです。

思い込みをしていることは英会話の上達の妨げになる一例です。

英語力は学校の先生に頼らず、自分の力で伸ばすのが一番おすすめです。

名詞Thoughtの英会話における応用

thought「意見」

concerning A

「Aに関して」

カイバーンtoサーセイ「トメンの葬式についての質問」

What’s your thoughts concerning the king’s funeral ?

ゲーム・オブ・スローンズ6章10話

「どのようになされますか?王の葬儀については。」

thought「想像(すること)」

サーセイtoウネラ

No thought has ever given me greater joy.

ゲーム・オブ・スローンズ6章10話

「どんな想像も私にこれ以上の喜びを与えることはなかったわ。

(嫌いな人物たちを一気に吹き飛ばして始末したこと。)」

hulu