英会話の勉強法

JustとJusticeの英会話における関係

JustがJusticeの落とし所?

 

日本の火曜サスペンス劇場などと、海外ドラマの刑事モノなどを比べると、日本人の英米人の発想が全く違うことに気づかされます。

例えば、大きな違いの一つとして司法取引の有無があります。「こうするから、あ〜しろ」といった取引なのですが、日本では今の所、その存在が許されていません。

よく性善説がまかりとおるのが日本の社会と言われますが、そのことととこの司法取引が関係しているのではないでしょうか?

司法取引では、ある程度の悪には目をつむることで、ある程度の正義を実現しようとしているのです。悪を直視して、存在を認めた上で現実的な対応をとるというのが、ドライで現実的な英米社会のあり方です。

2つの人やモノを天秤にかけて、「ちょうど」であるJustなポイントを探ります。

 

日本のJusticeは?

 

一方で、日本のJusticeとはどういうものか考えたことはありますか?

英語や英会話を勉強していない限り、あまり意識することはないと思います。しかし、日常生活にも普通に裁判がとけこんでいるアメリカのドラマを見ていると自然に、日米の正義に対する考え方が気になり始めます。

特に英語を一生懸命勉強している人は、それがわからないと英会話の上達が一つの重要なカギであることに気づくからです。

日本の正義は、サスペンスドラマなどを見ていると、だいたい多数の正義と、少数の悪という構造になっています。あまり深く考えずに、なんとなく正義が決まっている。

ある意味、それが本当の正義かどうかなど、どうでもいい場合もよく見受けられます。

よってフェアという概念が、あまり根付かずに、権威主義に陥る傾向があります。Absolute power corrupts absolutely.という言葉が、英米ではよく使われます。

Absolute powerはフェアではないとう発想が強いのです。人は権威や空気であるPeer pressure(=周りや仲間の圧力)に極端に弱いものですが、日本人が、Noを使った英会話表現が苦手なことにも関係しています。

 

 

 

 

英会話におけるJustの重要性

 

ゲーム・オブ・スローンズの6章10を参照します。

Loras Tyrell(ロラス・タイレル)

I humble myself before the Seven and accept whatever punishment the gods deem just.

「私は神の前にで、自分自身を謙虚にし、どんな罰も神様が丁度だと見なす(=deem)ものを受け入れます。」

High Sparrow(ハイスパロウ)

The gods’ judgment is fierce, but also fair.

The Warrior punishes those who believe themselves beyond the reach of justice.

But the Mother shows her mercy to those who kneel before her.

「神の裁きは厳しいモノです、しかし公平でもある。七神の一人であるthe Worriorは必ず罰します、自分を正義の及ぶ範囲から逃げおおせると思う者どもを。しかし七神の一人であるthe Motherは、慈悲を示します、彼女の前にひざまずくものらに対しては。」

 

関連記事

>>”Fair”を連発するネイティブスピーカー

>>英会話でのJusticeの使い方

 

 

hulu
こんな記事もおすすめ