Cワードの習得

ConvenienceとConsequenceの英会話における便利な使い方

Convenientな英単語達

けっこう便利な言葉なのに、使いこなせていない英単語があります。

この際、それらを棚卸ししてみたいと思います。硬い言葉だからといって、あまり英会話で使われないとは限りません。

逆に今回ピックアップするconvenientやconsequences、

またはdecentといった英語はフォーマルな言葉ですが使用頻度が高い言葉です。

それが意味するのは、とっても便利だから英米人がよく使うということです。

英会話でよく使われるinconvenienceとconsequence

ジェイミー・ラニスター to エドミュア・タリー

I’m sorry if this conflict has inconvenienced you,

but rebelling against the Crown does have consequences.

ゲーム・オブ・スローンズ

「気の毒に思ってる、もしこの紛争がお前さんに不都合をかけたとしたら、だが王に対する反逆には、それ相応の結果が伴うものだ。」

convenienceは「便利さ」という意味の名詞だけですが、inconvenienceは、「〜に不便をかける、迷惑をかける」という他動詞としても使うことができます。

形容詞のconvenientとともにとても便利な言葉なので英会話で使うのにおすすめです。

通常sが後ろにつくconsequenceですが、結構ネガティブな結果をニュアンスで伝えたい場合に硬い言葉の割に、頻繁に使われます。

英会話でよく使われるconvenientとdecent

エドミュア・タリー to ジェイミー・ラニスター

Well, that is convenient for you.

All of us have believe that we’re decent, don’t we?

You have to sleep at night.

How do you tell yourself that you’re decent after everything that you’ve done?

ゲーム・オブ・スローンズ

「まあ、そりゃあんたにゃ都合のいい言いようだな。みんな信じてるよな、自分はきちんとしたまともなやつだって。夜眠らなきゃいけないからな。どのようにお前は自分に語りかけるんだ?自分がまともな人間だって、自分のした全ての行いのあとで。」

「きちんとした」給料や仕事なんかも、

decent salarydecent jobといった形でよく使われます。

人の価値観によりますが

  1. 「まともな」
  2. 「見苦しくない」
  3. 「まずまずの」
  4. 「人並みの」

といった一見英訳しづらい日本語も

decentの一語できちんと片付いてしまいます。

とても便利(=convenient)な英単語だと思いませんか?

「品位や礼儀」といった名詞の形でも、

You should have some decency.「ちょっとは礼儀をわきまえたら。」

みたいに、手厳しく言いたい時に使われます。

ホントに便利な英語なのでdecentもdecencyもともにオススメです。

hulu
こんな記事もおすすめ