Pワードの習得

Partは英会話で必要不可欠

Partの果たす英会話での重要性

英語を話す人達はPを使った言葉が好きです。

そのPワードが英会話において果たす役割は大きい。

つまり

For my part(=私の意見では),

P wordsのPartは英会話において

has a big part to play(=重要な役割を果たし)ており

part and parcel(=必要不可欠な要)なのです。

まとめると

For my part, Part has got a big part to play and it’s like a part and parcel in English.

「私の意見では、Partという単語は大きな役割を英語において持っており、英語の中で要のようなモノである。」

Partを使ったイディオム

  1. take part in A = Aに参加する
  2. part and parcel = 必要不可欠なもの
  3. for my part =私の意見は
  4. part of the furniture =目立たない人・モノ
  5. act the part = 身分・地位を誇示する
  6. look the part =いかにも〜に見える

英会話でのPartの使い方

ゲーム・オブ・スローンズの3章10話参照

Red woman 

He has a part to play in the war to come.

「彼(ダヴォス)も来たるべく戦いで役割を果たすわ。」

ゲーム・オブ・スローンズ7章3話参照

Red woman

I’ve done my part.

I’ve brought ice and fire together.

「私は自分のやるべきことはやり終えたわ。私は氷と炎を結びつけた。」

氷はジョン・スノウで、炎はディナーリスのことです。Ice and fireは、ゲーム・オブ・スローンズの小説のタイトルでもあります。

こんな奇妙なキャラクターでも準主役級の役割であるPartを果たせるとしています。

多くのキャラクターが主役になりうる壮大なゲーム・オブ・スローンズならではですよね。

ゲーム・オブ・スローンズ7章7話

Jon Snow to Theon Greyjoy

But you never lost him.

He’s a part of you.

Just like he’s a part of me.

「だがお前(シオン)のなかから彼(ネッド・スターク)が消えることはない。彼(ネッドスターク)はお前の一部だから(肉体はないが)。俺(ジョン・スノウ)の中にも彼(ネッド・スターク)はいる。

人生において選択に苦しんだ者同士で通じるモノがあったことがわかるセリフです。

自分は何をすべきなのか?何が正しいのか?

自分で決めて、そして後悔する。しかし、また立ち上がる。

今回はPワードにスポットを当てましたが

猫に関する英語もPワードが多いので気になる方はチェックしてみて下さい。

hulu
こんな記事もおすすめ