Getの用法

英会話でGet+目的語+edを使いまくろう!

Get+O+edに慣れるには

英語で「私はそれを覚えました。」間違える人は少ないかもしれません。しかし、我々日本人が使う日本語からすると、かなり距離がありますよね。

I memorized it.で正解なので、わざわざI’ve got it memorizedという日本人はめったにいないのではないでしょうか?しかし、だからこそ、このような文章は日本人が覚えなければいけないポイントになります。

一番簡単な訳し方は、「私は、それを、覚えられた状態にした。」みたいな感じで捉えればOKです。言ってみれば、ラーメンの具にでてくる、ナルトというカマボコのような模様をイメージしながらぐるっとひと回りして戻ってくる感じです。

英語的な発想で考えると

「私はそれをゲットした。それって言うのはmemorizeされた状態だった。」

つまり、memorizedをitの形容詞、後ろにくっついてくる形容詞として訳す方法です。こちらのほうが英語的な発想といっていいかもしれません。

日本語の形容詞は後ろにくっつくことはありませんからね。美しい猫は、OKでも、猫美しいはNGですよね?

英語ではSomething beautifulもBeautiful somethingもOKです。この考え方がわかると、関係代名詞も、自然に理解できるようになります。

英会話におけるGet 目的語 ed形

英会話でGetが出てくると理解力が下がる人は多いので、音読してものにして下さい。

goは、「文句やセリフはこうだ」といいたい時に使う、日本語にできない使い方

(よろしければ、一文目をクリックして前回のブログ参照して下さい)

vow : 誓い

I’ll bet that S V : SがVだと確信している(賭けてもいいほど)

Davos Seaworth to Jon Snow

How does the Night’s Watch vow go again ?

I’ll bet you’ve got it memorized since you got here.

省略)

Now, I’m not a learned man. But the best way to help the most people might not be sitting in a frozen castle at the edge of the world. It just might mean wading in the muck, getting your boots dirty and doing what needs to be done.

ゲーム・オブ・スローンズの5章3話より参照

「どんな感じだった、ナイツウォッチの誓いは、もう一回言ってくれるか?俺は確信してる、君がそれを暗記してるってことを君がココに来て以来ね。(省略)いいか、俺は無学な男だ。だが、多くの人を助ける一番の道は、座ってることじゃないと思う、こんな世界の果ての凍った城の中でな。その一番の道はおそらく、泥の中、ぬかるみを苦労して進むことだ、ブーツを汚しながら、なされるべきことをしながらな。」

memorized(暗記が完了した)もlearned(学び終えた)もdirtyも形容詞です。最後のdoneは過去分詞なので受け身と考えればOKですが、doneは形容詞にもなります。done dealなどです。

「決着のついたこと、既成事実」という意味があります。You’re done, my friend. You are done !「お前は終わったんだよ、お前は終了だ。」(Call of Duty BO3ゾンビモードのJackie Vincentのセリフより)このDoneは受け身と捉えても、形容詞と捉えてもどっちでもいい気がします。

Alliser Thorn to Jon Snow

You have a good heart, Jon Snow.

It’ll get us all killed.

ゲーム・オブ・スローンズ5章9話参照

「お前は、素晴らしい心の持ち主だな、ジョン・スノウ。それが俺たちみんなを殺させるんだよ。」

ワイルドリングを壁の南側へ通したジョン・スノウに対するアリザー・ソーンの冷たい皮肉です。us allで、「われわれみんな」という意味です。

Trust would get us killed.

A song of Ice and Fire series参照

「信用すると殺されることになりかねない。」(by Tyrion)

hulu
こんな記事もおすすめ