ひの英会話フレーズ

「百も承知」は英語で?

aware

  1. 気がついて
  2. 承知して

be well aware

十分わかっている⇒百も承知

例)

You must be well aware of that.

それは百も承知のはずだ。

itは相手の発言を受けることもできるますが、thatを使うことも多いです。

先行する文の内容はthat/this/itで受けることができますが、

感情を込めて言う場合はthatが使われる傾向があります。

I’m sorry to hear that.「お気の毒に。」

That’s the point. 「それがポイントだ。」

That’s too bad.「そりゃ残念だ。」

That’s going too far.「言い過ぎ」「ヤリ過ぎ」

You could say that.「そうとも言えるね。」

例外は、感謝や謝罪に対する表現。

It’s nothing.「大したことじゃないよ。」

例)

I’m well aware of it.

それは百も承知です。(冷静に聞こえます。)

ofのかわりにthat節もとれます

例)

I’m well aware that it’s dangerous.

それが危険なのは百も承知だ。

be full aware

百も承知(やや固い)

例)

A Know that

Aは百も承知、言われなくてもわかっている

  • knowにアクセントを置いても、「百も承知」というニュアンスになります。

例)

I Know that !

百も承知だ(そんなことは)!

be obvious

言わなくても明らか、当然、当たり前⇒自明の理

例)

It’s obvious !

そんなこと自明の理だ。

be a forgone conclusion

目に見えている結論・結果、既定の結果

例)

It’s a forgone conclusion.

それは目に見えている。

foregoneはforegoの過去分詞で

  • 「規定の」
  • 「決着済みの」
  • 「過ぎてしまった過去の」

Forgoの使い方

forgo – forwent – forgone

forgo one’s visit「訪れるのを控える」

forgo one’s holiday「休暇を見送る」

forgo events「イベントを取りやめる」

関連記事

「目に見えている」は英語で?

「あきらかに」は英語で?

「〜は言うまでもなく」「〜ならなおさら」は英語で?

hulu
こんな記事もおすすめ