Sワードの習得

英会話でSparとSpareの違いは?

ゲーム・オブ・スローンズを何回も見てみると、見る度に発見があります。

とくに詩やラップのように韻を踏んでいるところを見過ごしていたところを発見すると、鳥肌が立つこともあります。

SparとSpareの英会話での意味

作者のジョージRRマーティンが意図的に作り込んだセリフの数々は、一つのアートと呼べます。Verbal fight(=口による戦い)がいたるところで繰り広げられているので、実際の戦闘シーンだけでなく、いつでもぞくぞくさせられます。

オレナ・タイレル

Where would I find the High Septon or High Sparrow or

whatever bloody fool name he’s got? —(省略) —

Don’t spar with me, little fellow. —(省略) —

A man of the people.

Is that your game? It’s an old game.

Dull and unconvincing.

A man of the people who does Cersei’s dirty work for her.

ゲーム・オブ・スローンズ

「どこへ行けば会えるの?ハイセプトンか、ハイスパロー、なんでもいいけど。

(省略)私に議論しないで、こざかしい人ね。

(省略)人々の側に立つ男。それがあなたのプレイしているゲーム?。

そりゃ古臭いゲームね。退屈で説得力もない。

人民のための男、サーセイの汚い仕事を手伝ってるだけじゃないの。」

bloodyは、

イギリスでよく使われる「いまいましい」というニュアンスを込めたい時に使う言葉です。

似た言葉ではdamnedなどがあります。

文字通り訳すと、「血なまぐさい」や「血みどろの」と言った意味があります。

スパロウは、羽をパタパタさせるスズメの意味があります。

sparはボクシングでポンポンパンチを繰り出すスパーリングですが、

ここでは軽い議論をする意味のsparを使っています。

ハイスパロー

The people always do the dirty work.

ゲーム・オブ・スローンズ

「人々は、いつも汚い仕事をしています。」

あなたは、高貴な身分だから、汚い仕事はしていないでしょ?とスパーリングのカウンター攻撃をしています。

オレナ・タイレル

Spare me the homilies.(=説教)

I can smell a fraud from a mile away.

ゲーム・オブ・スローンズ

「私に説教は要らないわ。私は、胡散臭いことは、どんな遠くからでも嗅ぎ取ることができるのよ。」

spare は、「とっておく」という意味があります。スペアキーは、なくしたときのために取っておくカギーですよね。

もう一つ重要なのが、「免れさせる」という意味です。ちょっと日本語にしづらいので難しいですが、「〜を容赦する、勘弁する」と考えてもいいと思います。

a fraud:ペテン師、まやかし、詐欺

説教: sermon(鮭のsalmonではない), preach, lecture, homily(ミリ)

summon(招集する、召喚する), sermon(説教), salmon(魚のサーモン)の違いは抑えておきたいところです。

説教好き、説教臭いと言いたい時は、preachy です。

オレナ・タイレルの関連記事↓↓

hulu
こんな記事もおすすめ