類義語の習得

英会話でUnlessとUntilを区別して習得するコツ

UnlessとUntilの区別の仕方

 

今回は、必ず2つの意味を覚えなければいけない、日本人がつまづきやすい必須英語をピックアップします。

 

UnlessとUntilは別モノ

 

UnlessとUntilは、語呂がにていて慣れるまでは本当に混乱します。しかし、この2つは全く別です。

Unlessのほうが断然難しいと感じる人が多いのです。しかし、Unlessは、Exceptと同じで「〜は別」と訳せば楽勝です。

また、Handは、「手」という意味がありますが、「〜を手渡す」という他動詞の意味で使われることも非常に多いで覚えて、どんどんご自身で使ってみて下さい。

関連記事

>>UnlessとAs long asがゴチャ混ぜ?

 

ゲーム・オブ・スローンズ5章5話から参照するのでチェックっして下さい。

A pirate

A dwarf’s cock has magic powers.

「小人のペニスには魔法の力がある。」

アフリカのある地域では、アルビノと呼ばれる黒人であっても、肌が白人のように真っ白に生まれる人たちがいます。ライオンにもホワイトライオンが生まれるのと同じです。その肌の白いアフリカの人たちの手足は、幸運を呼ぶと考える風習が今も残っていて、その人達の手足を切り取ろうとする悪い人たちがいます。その手足をお金持ちに売ると大金になるからです。

Tyrion

Wait, wait, wait, wait, wait….

You can’t just hand a dry cock to a merchant and expect him to pay for it. He has to know it came from a dwarf. And how could he know unless he sees the dwarf?

「待って、待って、待ってくれ、、、乾いたペニスと商人に渡しても彼がそれにカネを払うとは期待できないぞ。その承認はそれが小人から来たと確かめる必要がある。どうやって確かめることができるんだ?彼がその小人を見るなら別だがな。」

 

A pirate

The dwarf lives until we find a cock merchant.

「その小人(=Tyrion)は生かすことにする、俺達がペニス商人を見つけるまでだ。」

 

 

have to の2つの用法


上のhas to knowは、「知らなければいけない」のhave to ですが、以下は、「〜に違いない」have toです。

A pirate

Him? Hes got to be 60 years old.

「ヤツがか?やつは60歳に違いない。」

 

Long in the toothとVeteran


これは、馬の取引をするときに、歯茎が下がっていれば、その馬は若くないとされていたことから来ているイディオム表現です。

人間も馬と一緒で動物であることにはかわりありませんよね。

Long in the tooth = Veteranというイメージで覚えてみるのもいいかもしれません。

 

Tyrion

Sure, he’s a bit long in the tooth, a bit withered, been in the sun too long. We can all see that. But he is a veteran of 100 battles. They wrote sons about him.

「それは確かだ、彼はちょっと年をとっている、少ししおれた感じだ、陽の光に長く当たりすぎたからな。それは明白だ。だが、彼は100戦を戦ったベテランだ。人々(=They)が、彼の歌を書くほどだ。

 

置くPutと言うPut


 

Jora Mormont to a pirate

Take me to Slaver’s Bay, put a sword in my hand, I’ll prove my worth.

「俺を奴隷湾に連れてってくれ、剣を俺の手に持たせれば、俺は自分の価値を証明してみせる。」

worthも、前置詞で使われう場合と、名詞で使われる場合とどちらも結構あります。

関連記事

>>英会話におけるdeserveとworthの違いは?

 

Tyrion to Jorah Mormont(=Jeo Mormontの息子)

He actually cared about the people under his command.

How do they put it in the Watch ?

“We shall never see his like again.”

「ジオ・モーモントは、彼の指揮下の奴らを気にかけていた。どのようにそいつらが彼のことを言ってたか?”俺たちは彼のような男を二度と見ることは決してないだろう。”だ。」

「別の言い方でいうと」と英語で言いたい場合

Let me put it this way,

という英会話表現があります。

Putは、「置く」という意味だけでなく、「言う」という意味があることをここで覚えて下さいね。

【関連記事】

>>英会話独学の勉強法比較

 

 

 

 

 

 

 

hulu
こんな記事もおすすめ