類義語の習得

英会話でのMeannessとMeaningの違い

You mean〜とYou’re mean!の違いは?

 

この違いがわからないと非常に危険だと思いませんか?英会話初心者の方は、よく混乱してしまうポイントではないでしょうか?

英会話上級者の方も、違うのはわかるけど、なぜ違うのかが曖昧のままここまで来てしまっているかもしれません。

meanの原義は、「意味する」です。しかし、もう一方の形容詞のmeanとは別物であることをここではっきりと認識しておいたほうがもう一歩理解が深まります。

 

MeannessとMeaningの意味の違い

 

動詞のmeanと形容詞のmeanの違いを理解するために、それぞれのmeanの元となっている名詞は何かをチェックしてみたいと思います。

  • 動詞のmeanは、名詞にするとmeaning
  • 形容詞のmeanは、名詞にするとmeanness/ミーンネスという英語になります。

 

 

 

 

 

実際の英会話で見る2つのmeanの違い

 

それでは実際の英会話で2つのmeanがどのように使われているのかをゲーム・オブ・スローンズ5章2話を参照してチェックします。

 

Bronn to his betrothed Lollys

(ブロンが、婚約することになったロリス対して)

I’ve been all over the world,

and if there’s one thing I’ve learned,

it’s that meanness comes around.

 

People like your sister,

they always get what’s coming to them eventually.

One way or another.

「俺は世界中を回った、そして一つ学んだとすれば、それは、意地悪は回り回って戻ってくるってことだ。

お前のお姉さんみたいな人たちってのは、いつもしっぺ返しを結局食らうんだ。いずれにせよな。」

  • meanness/ミーンネスは、「意地悪な言動」
  • meaning/ミーニングは、「意味」

動詞の、meanが、「意地悪なのか、意味するのか?」迷ったことはありませんか?

根っこの意味の違いが、このmeannessとmeaningから発生していると考えれば、

すっきり動詞で使われるmeanと形容詞で使われるmeanの違いが理解できると思います。

meanの場合は発音もスペルも全く同じですが、根っこは別物と考えたほうが楽です。

 

Bronn to Jaime

There’s no way

this little visit could possibly mean anything good for me.

「ありえないな、このちょっとした(お前の)訪問が意味するのが、なんか俺にとって良いことなんてのは。」

これもカルマでしょうか?ティリオンのピンチを助けなかったから、今回はその兄のジェイミーを助けなければいけない助教が結局訪れます(笑)

 

  • There’s no way that 「SVはSがVなんてことはありえない。」
  • One way or anotherは、「いずれにしても」

このWayも日本人にとっては難しい英語だと思います。

一番近いのが、「有り様」だと思います。「物事の有り様、人々の有り様、そういう有様」と言った感じです。

 

That’s the way it is.は、「そういうもんだ。」という英会話フレーズです。

Otherwiseのwiseも原義はwayです。

よって、「他の方法では」、とか、「他の有り様では」と訳したほうが実は日本人にとっては楽に頭に入ります。

If notを使って、「もし〜でないならば」と訳すやり方をとると、脳への負担が半端なく頭にすっと入ってこないので一瞬で理解できません。

時間のロスにつながりますよね?きちんと英米人の発想にそって理解したほうが効率的に英会話を上達することができます。

是非試してみてください。

 

【関連記事】

>>英会話独学の勉強法比較

 

 

hulu
こんな記事もおすすめ