類義語の習得

なかなか覚えれない英単語こそ便利で重要だったりする

たかが英単語、されど英単語

ちょっとの差が英単語の数だけ掛け算されていくのが厄介です。

かろうじて、なかなか

hardly, narrowly, scarcely, seldom, rarely

  1. I can hardly believe her.
  2. He works hard but hardly working.

「彼は働くときは働くけど、あんまり働かない。。」

hardとhardlyの違いと共通点

hardは、懸命に、熱心にという意味で使われる一方で、

容易に〜しない、苦しんでという意味でも使われます。

つまり、hardlyの意味にもなるので注意が必要です。

Die hardは、「なかなか死なない」

  1. Old habits die hard
    「長年染み付いたクセは直しにくい。」
  2. She breathes hard.
    「彼女は苦しそうに息をする。」
  3. The cork draws hard.
    「コルクがなかなか抜けない。」

throne :玉座

make to do : 〜しようとし始める

recoil : 後ろに後退りする、のけぞる、ひるむ

stump : 切断された跡、切り株

“He’ll have Casterly Rock,

isn’t that enough?

Let Father sit the throne.

All I want is you.”

He made to touch her cheek.

Old habits die hard,

and

it was his right arm he lifted.

Cersei recoiled from his stump.

Chapter 62 A Storm of Swords

scarcely…when/before

She had scarcely begun her speech when a dog barked.

「彼女がスピーチを始めた途端に一匹の犬が吠え出した。」

関連記事

HardとHardlyの違いと使い分けは?

必ずしも〜ない

not necessarily, not always, not inevitably

  1. Having money does not necessarily make you happy.

お金があっても幸せになれるとは限らない。

適切に

properly, appropriately, adequately, aptly, suitably, neatly

例文)

I think I did it properly.

「ちゃんとできたと思います。」

関連記事

Necessarily/ネセセらリ等の発音について

hulu
こんな記事もおすすめ