Bの英会話フレーズ

Buckについて物申す

buckは、

ten bucksを10ドルというように使われていますが、

それだけでなくいろいろな英会話表現があります。

buckは、もともと雄鹿という意味です。

その革をお金代わりに使っていたことが由来のようです。

backとbuckの違いを理解すると

buckに関連したややこしい英会話フレーズが

より深く頭に入るようになります。

↓↓

英会話でbackとbuckを使い分ける方法

buck up

元気を出す 

バははじけるようなイメージの音なので、

カ!と言う感じの発音になります。

意味は「元気出せ!」ですが。

例)

Buck up, kid, it’s not the end of the game.

元気出せよ、ぼうず、まだ試合に負けたわけじゃない。

buck A up

Aを励ます、応援する、サポートする

buck someone up or buck up

make or become more cheerful

元気づける、または、元気になる

ex)

Bella and Jim need me to buck them up.

ベラとジムは俺が必要なんだ、元気づけられるためにね。

ODE

back A up

Aを応援する

意味も音も近いので紛らわしいですよね。

↓↓

英会話でbackとbuckを使い分ける方法

pass the buck on/to A

Aに責任を転嫁する、押し付ける

例)

Many passed the buck on someone else.

ここでの多くは人に責任を転嫁する奴らばかりだ。

look the other way

見て見ぬ振りで責任を回避する、面倒なことに向かい合わない

leave A to B

AをBに任せる

The buck stops here

その責任は俺が持つ

カードゲームでカードを配る人の前にその役割を示す印として、雄鹿の角か骨が置かれていたとか何とか。その役割が責任ということだと思います。

Ten bucks says S V

Twenty bucks says S V

SがVなのは確実だ。

関連記事

Got me like〜とten/twenty bucks saysの意味

a chip off/of the old block

父そっくりの息子

buckとblockの響きの近さから、連想してしまいました。

こういったリンキング(連想による関連付け)が、

過酷な英単語暗記においても

英会話イディオム暗記においても

大きな役割を果たします。

へこたれても、頑張って下さい。

Buck up !!!

hulu
こんな記事もおすすめ