わ行の英会話フレーズ

「悪口を言う」を英語で?

Mouthは、いろいろなイディオムがあって面白いと思いますが、

使いこなすのはかなり慣れが必要な気がします。

しかし、

とても便利なためか多用される言葉なので

ぜひ頑張って覚えて使いこなして下さい。

bad-mouth A

Aの悪口を言う

criticize someone who bad-mouths a prior employer.

ex)

No one wants to hire an individual who bad-mouths a prior employer.

誰も前の雇用主を悪く言う人を雇いたくはない。

ODE

悪口を言うは、以外にレパートリーが少ないのではないでしょうか?

  • call A namesもAの悪口を言うですし、
  • name-callingも、「悪口」の名詞になります。
  • blame Aは、「Aを非難する」という形でよく耳にするかもしれません。
  • curse A「Aをののしる」「Aを呪う」
  • swear at A「Aをののしる」(swear AだとAに誓う)
  • criticize A for B「AをBのことで非難する」
  • badmouth A「Aの悪口を言う」(badmouthは名詞の「悪口」にもなる)
  • backbite Aは、「Aの陰口を言う」です。

blabbermouth

過剰に、慎みなくべらべら喋る人

a person who talks excessively or indiscreetly

ODE

例)

She is a blabbermouth.

彼女はやかましい人だ。

mouthpiece

代弁者 = spokesman

on behalf of A : Aの代わりに、Aを代弁して

a person or organization who speaks on behalf of another person or organization

ODE

別の人物や組織の代わりに話す人(スポークスマン)

例)

The president of WHO media speaks as a mouthpiece for China.

世界保健機構のトップは、中国の代弁者のように語る。

talk out of both sides of A’s mouth

両者に都合の良いことを言う。

両者に別々のことを言う。

という意味があり、

speak with double tongueとも言います。

例)

He talks out of both sides of his mouth.

彼はどちらに対しても都合のいいことをささやく。

関連記事

Pull stringsとピーター・ベイリッシュ

put A’s foot in A’s mouth

Aの口が災いとなる

例)

You shouldn’t put your foot in your mouth there.

「そこではペラペラ喋ってトラブルを起こさないでね。」

loose lips sink ships.

ペラペラ喋る唇が船を沈める(古い)

スパイがその辺にいるからペラペラ軍事機密を喋っていると、戦艦が沈むことになる。

口は災いの元

put in a good word for A

Aのために口添えをする

例)

He tried to put in a good word for me but I said no.

「彼が私に口添えしようとしてくれたが私は断った。」

Big mouth, big trouble

よく喋るほど、トラブルに巻き込まれる

Big mouthは、大口をたたくではなく、

「おしゃべりな人」という意味の名詞でよく使われるので注意が必要です。

形容詞の「おしゃべりな」は、big-mouthed manというように使われます。

Talk big

大口をたたく

She is a big mouth.は、おしゃべりな人

She is big-mouthed.

大きな口でべらべら喋っているイメージです。

例)

He talks big.

彼はビッグマウスだ。=大口をたたく。

be born with a big mouth

口から先に生まれてきたような

例)

She was born with a big mouth.

彼女は口から先に生まれてきたような娘だ。

be born with a silver spoon in A’s mouth

金持ちの家に生まれる

例)

I wasn’t born with a silver spoon in my mouth.

私は金持ちの家に生まれたわけじゃないよ。

変形バージョン↓↓

It’s obvious that he wasn’t raised with a silver spoon.

ODE

be raised は、「育てられる」

彼がいいとこの子でないことは明らかだ。

関連記事

「安楽な境遇」を英会話イディオムで?

hulu
こんな記事もおすすめ