はの英会話フレーズ

英会話で「早く始めよう」といいたいときのフレーズは?

Let’s start with A!の応用英会話フレーズ

始めるは英語でstartですが、

Let’s start!

Let’s start with A!

といった英会話フレーズが使われるとは限りません。

実際は、

他のGetを使った表現の方が頻繁に使われていると思いませんか?

リスニング力を高めたり、海外ドラマを楽しむためにも、

多くの人が苦手としているカタチに

トライしていくことをおすすめします。

Sansa to Petyr Baelish

Let’s start with the simplest one—

you murdered our aunt, Lysa Arryan.

You pushed her through the moon Door and watched her fall.

Do you deny it?

ゲーム・オブ・スローンズ7章7話参照

Get down to A

Let’s get down to business.

「本題へ入ろう」という感じでよく使われる英会話表現です。

Let’s get down to brass tacks

は以下↓↓↓

「本質、本姓、本題」を英語で?

Get A going

Let’s get going!

という英会話フレーズでよく聞きませんか?

We’ll get the study going right away!

グッド・プレイス3章3話参照

「もたもたせずに調査に取り掛かろう!」

Jon Snow:

So you believe me, then, about the Night King and the Army of the Dead?

Daenerys:

You’d better get to work, Jon Snow

ゲーム・オブ・スローンズ

ジョン・スノウ

「じゃあ、俺を信じるのですか?夜の王や死人の軍隊のことを。」

ディナーリス

「早く仕事に取り掛かったほうがいいですよ、ジョン・スノウ。」

Get (A) started

Ebrose to Sam

You’d better get started.

And careful of the paper mites.

They like flesh as well.

ゲーム・オブ・スローンズ

「早く始めたほうがいいぞ。そして紙を食べるダニに気をつけなさい。奴らは人間の肉も好むから。」

Get on with A

get on with Aは「Aを再び始める」という意味になります。

continueを使ったほうが日本人にはわかりやすいですが、

go on/ carry onに近いですね。

Let’s get on with the game.

などといった感じでよく聞く英会話フレーズです。

Arya

All right, then.

Get on with it.

ゲーム・オブ・スローンズ7章7話参照

Get it over with 

Lett’s get it over with!

「ちゃちゃっと片付けよう」

「さっさと終わらせよう」

というニュアンスで、物事を始める前に使うのがこのフレーズです。

itが目的語なので、

withの後ろに何も入れずに使うことに慣れる必要があります。

しかし、ある意味、お決まりの定番英会話フレーズですので、

ちょっと覚えにくいですが、

ささっと覚えることをおすすめします。

関連記事↓↓↓

>>「おしまい」と英語で言いたい時

hulu