まの英会話フレーズ

「〜するほうがまし」は英語で?

「お前にやるくらいなら〜、〜するほうがマシ。」

きつい言い回しですが、英語やドラマなどでは結構耳にする表現です。

would rather 〜 (than) 〜

〜するくらいなら〜するほうがマシ

願望を伴った言い方

例)

I’d rather feed this to the dog than give it to you.

お前にやるくらいなら、これは犬にくれてやったほうがましだ。

例)

I can make lots of money here, but I‘d rather be a janitor/caretaker(主に英・世話人という意味もある).

ココでは金は稼げるが、用務員になったほうがマシだ。

I would rather not 〜 (than) 〜

〜するくらいなら〜しないほうがマシ

否定を使ったwould rather not doも使えれば表現力が広がります。

例)

I’d rather not have met her than have experienced such a pain.

彼女に会わないほうが良かった、あんな痛みを経験するくらいなら。

better than

〜のほうがまし(願望は伴わずシンプルに比較上)

例)

A :

I don’t like his movie but

the second one seems better than the first one

あんまり彼の作った映画には好きじゃないけど、

初めの作品よりも2つ目のほうがマシといったところかな。

B :

Can’t you say anything better than that ?

もう少しマシなこと言えないの?

関連記事

「むしろ〜したい」は英語で?

hulu
こんな記事もおすすめ