可算名詞と不可算名詞

StaffとStuffと可算・不可算問題

staffとstuffは本当に紛らわしい!

そう感じたことありませんか?

面倒なら

thingやperson/peopleでもかまいませんが、

staffとstuffは英会話でしょっちゅう出てきますよね。。。

staffとstuffの紛らわしさ

しかも、

staffに関してはイギリスとアメリカで考え方や使い方に違いがあるようです。

staff

英では単複を抽象的に不可算で扱う

英国の発音はオに近いアので口をやや縦に開いて

ストーフ

米国では

appleと同じ(ae)の音で口をやや横に開いて

staef

といった感じに発音します。

「お店のスタッフにあるように働いている人員という意味があります。」

staffs

米では複数ならsをつける

お店のスタッフにあるように働いている人員という意味があります。

fの後ろなのでsはそのままスと発音します。

stuff

モノという意味で、thingとおなじですが

本質、真髄という意味もあります。

英国でも米国でも不可算なので複数形でもsがつくことはありません。

発音に関しては、喉を開いてはっきりと、弾けるようなイメージで

を発音しましょう。

英会話におけるstuffの応用

the stuff of dreamsを日本語にすると?

チェルシーのレジェンドであるフランク・ランパードが監督としてスタンフォードブリッジに帰ってきました。ロッカールームからフィールドまではトンネルになっています。そこを抜けると割れんばかりのチェルシーファンの拍手が。炎の演出とデカデカとしたフランク・ランパードを称える横断幕。それを見たランパードは言います。

「夢のような出来事だよ。」

Frank Lampard climbed the steps in the tunnel and

フランク・ランパードはトンネルの中の階段を登った、そして

emerged to rapturous applause from Chelsea fans,

現れた。張り裂けんばかりのチェルシーファンからの声援に対して

a flame display and a giant banner at one end of Stamford

Bridge that read ” Welcome Home Super Frank.”

炎の演出や巨大な大弾幕がスタンフォード・ブリッジの片側から示された。「おかえり、スーパー・フランク」と書かれていた。

” The stuff of dreams,”

まさに夢のような出来事だよ。

Lampard described his homecoming on Sunday.

ランパードは自身の故郷への凱旋を表現した。土曜日に。

The Associated Press The Japan News August 20

hulu