ゆの英会話フレーズ

「油断する」と言いたい時の英会話表現

「油断する」て英語でなんて言いますか?

とよく聞かれます。be off ( one’s ) guardというイディオムがおすすめです。Watch your back.も「油断するな」と言いたい場合に使います。

どうしても日本人の発想にないので、carelessのほうが使いやすいと思うかもしれませんが、どちらかというと、careless mistakeやcareless workerといった「不注意な」という名詞につく形容詞として使われます。be (so) relaxedでもいいですが、ちょっと意味がぼやけてしまいますよね。

英会話ではもっとカジュアルな方をマスターした方がいいと思います。普通の日本人にとっては発想が違うこともあり、カジュアルな言い方のほうが難易度が高い事が多いからです。下記を見ればその理由がわかると思います。使い方が一定でなく、変化することもその理由です。

Let one’s guard off/down

Let one(s guard offや、let one’s guard downは、

文字通り、「油断する、気を緩める」という意味になります。

You shouldn’t let your guard off/down.

「油断するべきじゃない。」

Catch 人 off one’s guard

「油断していたところを襲う、不意をつく」

と英会話で言いたい場合は、catch 人 off one’s guardがおすすめです。

She caught me off my guard.

「油断していたところを彼女に捕まった。」

Watch your back

「油断するな」と言いたければ、Watch your backがおすすめです。

日本人とは発想が違いますね。

Watch your step

Watch your stepも、「足元に注意する」だけでなく、「慎重に行動する」という意味もあります。

Mind yourself


Mind yourself も、

ブリティッシュイングリッシュですが(アメリカンイングリッシュではWatchが好まれる)

「気をつけろよ。」という意味があります。

You shouldn’t take it easy (now).でもOKです。

ゲーム・オブ・スローンズにおいてもよく出てくる表現です。

やはり英語は戦いの言葉だと思いませんか?

4章2話より

Jaime to Bronn 

Bold warrior you are,

attacking a man when his guard’s down

「勇敢な戦士だなお前ってやつは、油断して無防備な男を攻撃するなんてな。」(皮肉)

Bronn to Jamie

Best time to attack a man.

( clang, clang, clang )

Mind yourself.

「ベストな瞬間だ敵の男を倒すのにな。」

カン、カン、カン(剣の当たる音)

「気をつけろよ。」

今回は仮定法もさらっと触れておきます。

右手を切り落とされたジェイミーは、弱気になっていましたが

ブロンの一言で萎えていた心に再び火が灯ったようです。

Jaime to Bronn

If I still had my right hand…

「もし仮に、まだ右手があれば、、、」

現実味がなかったり乏しい場合は、動詞の部分を過去形にします。

例外はありますが大抵の場合は、意味が過去になるわけではありません。

Bronn to Jaime

( You ) Plan on growing it back ?

「またはやす予定か?」(ひげみたいに)

Jaime

Come on, then.

「やってやるコイ!」

hulu